« 2012/09/15 Sat *いくつかの場面 / Rod Stewart | トップページ | 2012/09/17 Mon *ホーム、スウィート、ホーム / Magic Sam »

2012/09/16 Sun *振り返って、覗いてみれば / The Rolling Stones

20120916betweenthebuttonesukmono


その時は。
あの時は。
真っ只中で。
そんな余裕も。
ありはしなくて。

その場所で。
その時を思い。
あの場所で。
あの時に思いを馳せて。
そうか。そうだったかと。

振り返って。
その間から。
その隙間から。
覗いてみれば。
見えてくるものがある。

見えて。
見て。見つめて。
その時の。
あの時の。
意味を知る。

『Between The Buttons』'67年リリース。
ジェレッド・マンコーヴィッツによるジャケットが印象的なローリング・ストーンズのアルバム。
ジャケットは同一ですが。例によって英国と米国では選曲が異なっていて。趣きも異なっています。
今回載せているのは英国盤ですが。英国では5枚目のオリジナル・アルバムとなる、このアルバム。
『Aftermath』に続いて本格的にカヴァーからオリジナル・ナンバーへの志向を強めたアルバムで。
しかも録音もロンドンで行っていて。ある意味でストーンズの転換期、過渡期を明確に捉えたアルバムです。
当時のロンドンは、スウィンギング・ロンドンの真っ只中ですからね。その影響、洗礼を受けないわけもなく。
更には、ボブ・ディランからの影響もあり。サイケデリックの先駆けとなる様なナンバーまで収められていたりと。
なんだか訳の解らない、混沌とした坩堝の様で。ただ熱気だけは間違いなくあったスウィンギング・ロンドン。
その姿を捉えたアルバムでもあるのです。混沌とした坩堝・・・それは当時のストーンズの姿でもあったと。
憧れの米国から少し離れて。出自である英国に対する拘り、愛情を顕にし。ただ行く先は見えず、定まらずと。
サウンド的にも多彩で、やや支離滅裂で。この辺りはブライアンがギターに対する興味を失いつつあったこと。
新しく目にする楽器に次々に興味を抱いて。触っているうちに直ぐ奏でられる様になって、次々に取り入れたこと。
そのサウンド・クリエイターとしての才能が発揮された結果とも言えるのかなと。尤もご存じのブライアンですから。
その人生同様に。プロデュース能力までは無かったかと。あれば。このアルバムも。もう少し纏まってたかなと。
正直言って。『Beggars Banquet』から続く傑作群と比較すると、その評価も低いのは事実ですし。
自分にしても。それほど針を落とす機会が多いアルバムでは無いのですが。この時代があって、潜り抜けたから。
その後の、今のストーンズがあったのかな、なんて。振り返って“ボタンの間”から覗いみて。勝手に思ったりね。

その時は。
あの時は。
混沌とた坩堝の只中で。
捌け口の無い闇雲な熱気。
だけがあって。

その場所の。
その時を思い。
あの場所の。
あの時に思いを馳せて。
そうか。そうだったんだと。

振り返って。
その間から。
その隙間から。
覗いてみたら。
響いてくる、感じられるものがある。

感じて。
響くものを。受け止めて。
その時に。
あの時に。
意味を見出す。

支離滅裂で。
やり場のない熱気だけ。
どうしていいかも解らず。
混沌とした坩堝の中で。
ただただ立ち尽くしていた。

この場所に立って。
振り返って。
覗いてみれば。
それも。ある意味で。
必要だったのだと。

あの日々が。
転換期が。過渡期が。
あって。
潜り抜けたから。
今があるのだと。

まぁ。
勝手に。
落とし前をつけて。
そう思う。
そう、思うことにしておくかな(苦笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2012/09/15 Sat *いくつかの場面 / Rod Stewart | トップページ | 2012/09/17 Mon *ホーム、スウィート、ホーム / Magic Sam »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55698868

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/09/16 Sun *振り返って、覗いてみれば / The Rolling Stones:

« 2012/09/15 Sat *いくつかの場面 / Rod Stewart | トップページ | 2012/09/17 Mon *ホーム、スウィート、ホーム / Magic Sam »