« 2012/10/06 Sat *他人の・・・ / The Hollies | トップページ | 2012/10/08 Mon *自分であること / The Staple Singers »

2012/10/07 Sun *踊れベイベーなう! / The Beatles

20121007pleasepleasemeorg


最初は。
始まりは。
理屈でも。
理論でも。
なくて。

ただ。
訳もなく。
闇雲に。
体が
心が。

動かされて。
揺さぶられて。
踊らずにいられなくて。
歌わずにいられなくて。
叫ばずにいられなくて。

そう。
最初は。
そうだったんだ。

『Please Please Me』'63年リリース。
言わずと知れたビートルズの英国でのデビュー・アルバム。
今に続く。脈々と流れるロックの源流、源泉となったアルバム。
好き嫌いはともかく。このアルバムが、ビートルズがいなかったら。
いま、この世界にロックは存在してなかった、生き残って無かっただろうと、誰もが認めるアルバム。
針を落とした瞬間に。ポールのカウントに惹きこまれ。ジョンのシャウトまで一気に持ってかれてしまって。
また針を落としてと。未だに何度も何度も繰り返し聴いてしまう、聴けてしまう。その変わらぬ魅力。
全14曲のうち10曲は1日で、僅か数時間で録音してしまったと言う。キャバーンでやってたそのままだと言う。
何たるスピード、パワー。どれほどのエネルギーを放ちながらビートルズが駆け出したのか。それを思うと。
その素晴らしさ、その幸福なことに、眩暈を覚えるほど痺れてしまうのです。凄いよなぁ、やっぱり。
さて、後にその音楽性がロックの範疇では収まりきらなくなっていったとよく言われるビートルズですが。
このアルバムでも。オリジナルも既に様々な顔を見せており。カヴァーもR&Bだけには止まらずと。
実は一歩間違ったら。纏まりの無い。器用貧乏なものになっていた危険性もあったんじゃないかと。
それくらい。急速に。日々、ビートルズの世界は広がっていってたんだろうなとも思うのですが。
そのビートルズを、ロックの地平に立たせているもの、ロック・バンドたらしめているもの。それは・・・
ジョンのヴォーカル、その歌声に他ならないのです。少しでも踏み外せば、ただの凡庸なナンバーになるところも。
その、どうしようもなく。存在そのものがロックである、あの歌声が。箍を締めて。ロックにしているのです。
ロックンローラー以外の人生なんて無かったんだろうなと、瞬間にして聴く者を納得させてしまう、ジョンの歌声。
実は、この歌声こそが。ポールがどう足掻いても越えられなかったものなんだろうなと。ねぇ、ジョン・・・
「Twist And Shout」のジョンに。何も感じず、何も動かないなら。つまらない人生だなぁ・・・余計なお世話だけど。

最後は。
とどのつまりは。
理屈でも。
理論でも。
ないんだと。

ただ。
体が。
心が。
訳もなく。
闇雲に。

動くんこと。
揺さぶらること。
踊らずにいられないこと。
歌わずにいられないこと。
叫ばずにいられないこと。

そう。
最後は。
そうなんだと。

最初に。
感じたもの。
震えたもの。
最後まで。
感じればいいんだと。
震えればいいんだと。

だから。
動くんだ。
揺らすんだ。
踊るんだ。
歌うんだ。
叫ぶんだ。

そんな。
仲間達がいることの。
仲間達が集えることの。
幸福を。

踊れベイベーなう!



web拍手 by FC2

|

« 2012/10/06 Sat *他人の・・・ / The Hollies | トップページ | 2012/10/08 Mon *自分であること / The Staple Singers »

001 British Rock」カテゴリの記事

009 The Beatles」カテゴリの記事

コメント

ビートルズは日本編集盤で聴いてたから、この英国オリヂナル盤はずいぶんあとになってから聴いたんだよね。
どうしても始めに聴いてた曲順に慣れ親しんでしまってるから違和感もあるんだけど、すごいデビュゥアルバムだよね。
娘が子どものころから聴かせてたから、今でもカラオケで『Please Please Me』デュエットがお決まりだよkaraokenote

投稿: issie | 2012-10-12 23:40

タクちゃん、さすがにジョンを熱く語るね〜。

僕もジョンのシャウト、バラードの深み、その両方から感じるジョンの孤独感みたいなもの、を愛してやまないんだけど…。

ポールが持ち込んだ多様性、ジョージがもたらした叙情性、リンゴのほのぼの感。そのすべてがビートルズを作ったんだと思うよ。ちなみに僕が先日野毛で演奏したのは…SGT PPR With a little Something Baby its you Dont pass me byでしたnote

投稿: イトう | 2012-10-13 00:09

issieさん、日本では英国オリジナル盤通りの曲順では来日記念盤として初めて発売されたみたいですね。
娘さんと、「Please Please Me」をデュエットですかぁ、素晴らしいなぁ、最高ですねgood

投稿: TAC | 2012-10-13 00:16

イトうさん、ライヴ行けずにすいません。DJの準備他に追われてまして(苦笑)。
勿論、自分もあの4人が奇跡的に揃ったからのビートルズを愛してやまないのですが。
ビートルズよりもジョンのソロから先に聴きこんだこともあって。ジョンは自分にとって特別ですかねcoldsweats01

投稿: TAC | 2012-10-13 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55875349

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/10/07 Sun *踊れベイベーなう! / The Beatles:

« 2012/10/06 Sat *他人の・・・ / The Hollies | トップページ | 2012/10/08 Mon *自分であること / The Staple Singers »