« 2012/10/07 Sun *踊れベイベーなう! / The Beatles | トップページ | 2012/10/09 Tue *気をつけて / Martha & The Vandellas »

2012/10/08 Mon *自分であること / The Staple Singers

20121008bewhatyouare


いま。
ここに。
いること。
ここに。
あること。

それが。
普段の。
自分で。
あること。
いること。

その。
意味。
その。
道程。
思ってみたりする。

いつもは。
特別に。
意識もせずに。
なんだけど。
あぁ、そうなのかなと。

『Be What You Are』'73年リリース。
父親、ローバック"ポップス"ステイプルズと3人の娘達によるステイプル・シンガーズ。
ステイプル・シンガーズと言えば、何と言っても前作である『Be Altitued : Respect Yourself』だと。
確かに、そうなのですが。このアルバムも。負けず劣らずの素晴らしいアルバムであることに間違いないかなと。
この後、レコード会社を移籍した後も数々の傑作を遺していますが。やっぱりスタックス時代は格別かなと。
ゴスペル出身のステイプル・シンガーズです。その熱さ、迫力を受け止め支えるサウンドが必要だったんだと。
それを可能にして、飛躍させたのがスタックスだったんですよね。この2年後に倒産しなければ。
その蜜月がもう少し続いていれば。どんなことになっていたんだろうと。詮無い想像をしてみたくもなりますが。
兎にも角にも。今もソロで活動し続けるメイヴィス・ステイプルズの、その方向性が定まったのもこの頃だったかと。
さて。どうしても。ゴスペルと言う、その出自。そして家族である、繋がっていると言う、その事実。
勿論、それだけの力量があってこそですが。その出自とその事実による、息の合った歌声の素晴らしさ。
その歌声の、時に重なり、時に寄り添い、時に少し離れて誰かを盛り立ててと。その自在さの自然なところ。
そこが。まさしく、ファミリー・グループならではのステイプル・シンガーズの一番の武器、魅力なんでしょうが。
それが恐らく、自然で。普段のやりとりそのままであろうところに。なんとも温かいものを感じてしまうのです。
それが家族ってものだろうと。そう言ってしまえば、それまでなんですけどね。それがなかなかね。そうもね。
行かないと言うか。なかなか気づかなかったり、気づいていても、なんか気恥ずかしくて避けたりもしますから。
そんな絆を信じて。自然に堂々と歌い上げるステイプル・シンガーズがですね、羨ましくもあり、大好きなのです。

いま。
ここに。
いられること。
ここに。
あることが出来ること。

それが。
普段の。
自分で。
あることの。
いられることの。

その。
意味。
その。
道程。
振り返ってみたりする。

いつもは。
特段に。
意識もせずに。
なんだけど。
あぁ、そうだったんだなと。

家族である。
繋がっている。
いつも。
どんな時も。
見ていてくれた。
支えていてくれた。
側にいても。
離れていても。
変わらずに。
それが。
自然で、普段通りで。
意識もせずに。
いままで。ここまで。
こられたんだと。

なんだ。
悪くないじゃん。
意外に。
幸せなんじゃん。
そうなんだなと。

偶には。
親孝行の。
真似事をしてみるのも。
いいものかもね。

気づくのが、遅いってものだけど(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2012/10/07 Sun *踊れベイベーなう! / The Beatles | トップページ | 2012/10/09 Tue *気をつけて / Martha & The Vandellas »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55878252

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/10/08 Mon *自分であること / The Staple Singers:

« 2012/10/07 Sun *踊れベイベーなう! / The Beatles | トップページ | 2012/10/09 Tue *気をつけて / Martha & The Vandellas »