« 2012/10/08 Mon *自分であること / The Staple Singers | トップページ | 2012/10/10 Wed *肝心要、その核心 / Gladys Knight & The Pips »

2012/10/09 Tue *気をつけて / Martha & The Vandellas

20121009watchout


順調で。
順風で。
だからこそ。
焦らずに。
慎重にと。

軽快に。
足取り軽く。
だからこそ。
足元を見つめて。
一歩一歩でと。

そうだよね。
よく。
解ってるよね。
すぐ。
調子に乗っちゃうからさ。

焦らず。
慎重に。
足元見つめて。
一歩一歩。
気をつけて。

『Watchout !』'66年リリース。
モータウンを代表するグループの1つだったマーサ&ザ・ヴァンデラス。
とは言え。この頃にはやや人気が下降気味で所謂“二軍”入りになってしまう危機もあったとか。
大体ベリー・ゴーディがシュープリームス、否、ダイアナ・ロスばかりを贔屓にすることに。
他の多くの所属アーティストやスタッフは不満が大きかった様で。マーサはその急先鋒だったとも。
故に。その扱いもぞんざいなことに。育ての親であるプロデューサーのミッキー・スティーヴンソンも怒ってたとか。
それでいて。人気の下降を防ぐ為にヒット曲を出すことだけは強要し続けていたゴーディです。おいおいって。
で、ドジャー=ホランド=ドジャーに出した指示が、古いナンバーの中に何かないのかってことだったとか・・・
でも。そうしたら。あったんですよね。これが。後にローラ・ニーロもカヴァーした「Jimmy Mack」です。
遠く離れた恋人に、気をつけてねと、無事を祈るこのナンバー。書かれた当時はその歌詞の内容が。
ベトナム戦争への出征が相次いでいた事へ配慮したのか。発表が見送られていて。でも時代も変わって。
反戦ムードの高まりもあって。今なら支持されるかもとの目論見もあったかと。そして見事に大ヒットになったと。
それにしても。その手のリスクは寵愛するダイアナには負わせないんだなと。如何にも姑息な感じがしますが。
「Jimmy Mack」に込められた切ない感情、力強い思いは、マーサの熱い歌声でこそ魅力的になったかなと。
一方で。それまで3人揃ってのヴァンデラスだったのが。明らかにマーサと、そのコーラス・ガールズになって。
「Jimmy Mack」、そしてこのアルバムが。マーサ&ザ・ヴァンデラスにとって転機になったのも間違いないかな。
それにしても。気をつけて、無事に帰ってきてねと歌われる「Jimmy Mack」...永遠のソウル・クラシックスです。

順調だし。
順風だから。
このままでと。
気が逸り。
一気にと。

軽快だし。
足取り軽いから。
そのままでと。
足元も確かめずに。
一足飛びにとと。

そうだよね。
よく。
解ってるよね。
すぐ。
入り込み過ぎちゃうからさ。

焦らず。
慎重に。
足元見つめて。
一歩一歩。
気をつけて。

ゆっくりでいいから。
急がないでいいから。
気をつけて。
帰ってきてねと。
戻ってきてねと。
そんな声が。
聴こえる。
感じられる。

うん。
そうだな。
足元見つめて。
一歩一歩。
気をつけて、歩いていこう。



web拍手 by FC2

|

« 2012/10/08 Mon *自分であること / The Staple Singers | トップページ | 2012/10/10 Wed *肝心要、その核心 / Gladys Knight & The Pips »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

僕もジミーマック大好きですnoteなんか高校時代の淡い初恋の雰囲気たんだよ。

投稿: イトう | 2012-10-13 22:04

そうですね。わかる、わかるなぁheart04

投稿: TAC | 2012-10-14 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55880204

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/10/09 Tue *気をつけて / Martha & The Vandellas:

« 2012/10/08 Mon *自分であること / The Staple Singers | トップページ | 2012/10/10 Wed *肝心要、その核心 / Gladys Knight & The Pips »