« 2012/10/09 Tue *気をつけて / Martha & The Vandellas | トップページ | 2012/10/11 Thu *一緒にやりましょう / Various Artists »

2012/10/10 Wed *肝心要、その核心 / Gladys Knight & The Pips

20121010nittygritty


そうね。
そこだね。
そこをね。
外さなければ。
いいんだよね。

そうさ。
そこだね。
そこがね。
伝わっていれば。
いいんだよね。

肝心要。
その核心。
それを。
外してなければ。
それを。
伝えられていれば。
それでいいんだよね。

『Nitty Gritty』'69年リリース。
グラディス・ナイトのショート・ヘア姿も印象的なグラディス・ナイト&ザ・ピップスのアルバム。
そのショート・ヘアと同様に(?)、そのサウンドも時代を象徴する様なものとなっています。
A面頭が、「Cloud Nine」で。4曲目が「(I Know) I'm Losing You」でと。テンプテーションズのカヴァー。
しかも、いずれも、ノーマン・ホイットフィールドの制作によるものであることが象徴的でもあるのですが。
そのノーマンによって、かってないくらいにファンキーに生まれ変わっているグラディス・ナイト&ザ・ピップスです。
それこそ、スライ&ザ・ファミリー・ストーンをも思わせる、クールでホットでタフでファンキーなサウンド。
従来のモータウンのイメージからは大きく逸脱するもので。そのサウンドを叩き出してるバンドも凄いのですが。
それ程のサウンドでないと対抗できない、ホットで、タフでファンキーで、そして勿論抜群にソウルフルな。
そんな歌声を聴かせてくれる、グラディスとピップスの面々の並々ならぬ実力の程こそが要になってるんですね。
特にリズムが強調された「The Nitty Gritty」のファンキーなサウンドに、ゴスペル出身ならではのホットさで。
ものの見事に応酬して、乗りこなしてしまっている、そのグラディスの歌声は、もう無敵な感すら漂ってます。
いや、本当に。ここまで。見事にファンクとゴスペルが触発し合って、融合してるナンバーもないんじゃないかと。
そして。当然の様に。バラードでもその魅力を如何なく発揮してるグラディスでもあります。
そう、まさに肝心要、その核心(The Nitty Gritty)を外すことなく、伝えられるグラディスの、その歌声があるから。
ノーマンも思い切った冒険が出来たんだと。モータウンとは、ベリー・ゴーディとは確執もあったみたいですが。
グラディスも、ノーマンとの相性の良さは感じていて。だからこそその要求に応えてみせたとも言えるのかな。

そうでですか。
そこですか。
そこが。
外れて見えますか。
よくないですね。

そうですね。
そこですよね。
そこはね。
伝わってないと。
まずいですよね。

肝心要。
その核心。
それが。
外れて見えてるなら。
それが。
伝わってないと思われるなら。
なんとかしないといけませんね。

そもそも。
外れてるか。
伝わってるか。
その核心さえも。
人それぞれっちゃ。
それぞれですからね。
外れてる。
伝わってない。
それは、どうだか微妙ですが。

そう仰るなら。
なんとかしましょう。
なんとかなるでしょう。
なんとでもなるでしょう。
だって。
肝心要。
その核心は。
はっきりと、この胸にありますから、ね。



web拍手 by FC2

|

« 2012/10/09 Tue *気をつけて / Martha & The Vandellas | トップページ | 2012/10/11 Thu *一緒にやりましょう / Various Artists »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

これ持ってないよdespair
察するに、かなり濃厚な感じだね。探してみよう。

投稿: イトう | 2012-10-18 19:36

グラディス・ナイト&ザ・ピップスのアルバムの中では見逃されがちかも。
スライのクールなファンクをグラディスのヴォーカルでやると・・・こうなるって感じかな。
一聴の価値は十分にあると思いますよnotes

投稿: TAC | 2012-10-19 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55884584

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/10/10 Wed *肝心要、その核心 / Gladys Knight & The Pips:

« 2012/10/09 Tue *気をつけて / Martha & The Vandellas | トップページ | 2012/10/11 Thu *一緒にやりましょう / Various Artists »