« 2012/10/10 Wed *肝心要、その核心 / Gladys Knight & The Pips | トップページ | 2012/10/12 Fri *投げ続ける / Tear Gas »

2012/10/11 Thu *一緒にやりましょう / Various Artists

20121011youcanalljoinin


みんな。
バラバラ。
一人一人。
思いがあって。
それぞれで。

あっち。
向いてたり。
こっち。
見てたり。
その先も異なってたり。

それでも。
集まれるし。
集まってくるし。
それぞれが。
それぞれを。
なんとなく。
受け止めてたり。
さりげなく。
支えていたり。

一緒にやりましょう。

『You Can All Join In』'68年リリース。
アイランド・レーベル所属アーティストを紹介する為に制作され低価格で売られたオムニバス・アルバム。
当時は、この手のオムニバス・アルバムによる売り込みの手法は他のレーベルでもあった様ですが。
先ずはこのヒプノシスによるジャケットが素晴らしいよねと。新興レーベルらしい若々しい共同体意識が。
フリー、トラフィック、ジェスロ・タル、スプーキー・トゥース・・・皆、若くて希望と不安が綯交ぜになった表情で。
それぞれに見ている先は異なっていたりもするのだけれど。皆、前へと歩んでいこうとの、姿は同じであると。
この感覚、この空気、この思いを見事に捉えている。やはりヒプノシスってのは並のデザイン集団じゃないなと。
また、そのヒプノシスに依頼してこのアルバムを制作したオーナー、クリス・ブラックウェルのセンスも見事だなと。
フリー、トラフィック、ジェスロ・タル、スプーキー・トゥース・・・アルバムの性格からして珍しい音源は無いけれど。
「I'm A Mover」「You Can All Join In」「A Song Of Jefferey」「Sunshine Help Me」が1枚で聴けるのはいいかと。
一方で、アートとかニルヴァーナとかワインダー・K・フロッグとか。なかなか単独のアルバムまでは・・・ねぇと。
そんなグループや、アーティストのナンバーも自然な流れの中で聴けるのも、これまたいい感じだよねと。
音楽性や方向性は、それぞれ・・・バラバラでも。若いミュージシャン達、新しい道を志すミュージシャン達。
そんな奴等は寄ってこいよ、こっちへこいよと。みんなでやろうぜと。なんか面白いことが起きるかもしれないぜと。
そんなクリスの思い、思惑と。面白いじゃん、好きにやらせてくれそうだし、ちょっと一緒に乗ってみようかなと。
集まってきたポール・ロジャース、ステーヴ・ウィンウッド、イアン・アンダーソン、マイク・ハリスン・・・
新たな一歩が踏み出される、新しい何かが始める瞬間の。ちょっと手探りなワクワク感が楽しいアルバムです。

みんな。
バラバラ。
一人一人。
思惑もあって。
それぞれで。

あっち。
向かってたり。
こっち。
戻ってきてたり。
その先にも迷いがあったり。

それでも。
集まれるなら。
集まる気持ちがあるのなら。
それぞれが。
それぞれを。
なんとなく。
受け止めてるし。
さりげなく。
支えているし。

一緒にやりましょう。

方向性や。
志向性の。
細部は違っていても。
そんなことは。
当たり前で。
思いがあれば。
その思いへの。
思いやりがあれば。あるならば。

一緒にやりましょう。やってみませんか!



web拍手 by FC2

|

« 2012/10/10 Wed *肝心要、その核心 / Gladys Knight & The Pips | トップページ | 2012/10/12 Fri *投げ続ける / Tear Gas »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55886840

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/10/11 Thu *一緒にやりましょう / Various Artists:

« 2012/10/10 Wed *肝心要、その核心 / Gladys Knight & The Pips | トップページ | 2012/10/12 Fri *投げ続ける / Tear Gas »