« 2012/10/23 Tue *文殊には及ばずとも / Bo Diddley, Muddy Waters, Little Walter | トップページ | 2012/10/25 Thu *与えられたか / The Kinks »

2012/10/24 Wed *心と魂、後は・・・ / Hubert Sumlin

20121024heartandsoul


そう。
たぶん。
基本的なことは。
出来てるんだよな。
前も向いてるし。

でも。
たぶん。
基本的なことだけ出来てても。
それだけじゃ。
これ以上進めないんだよな。

どれだけ。
進みたいのか。
昇りたいのか。
喜びたいのか。
楽しみたいのか。

それを。
思う。
込める。
心と魂。
後は・・・

『Heart & Soul』'89年リリース。
ハウリン・ウルフの片腕的存在だったヒューバート・サムリン。
ウルフが亡くなった後はソロで何枚かアルバムを制作してますが。
ジェームス・コットンも参加したこのアルバムはその中でも魅力的な1枚です。
そのギターの魅力的なことと比して、その歌声は決して達者とは言えず。
ギターそのものも決して傑出したテクニシャンではないサムリンですが。
その鋭くたたみかける様に突っ込んでいくスタイルと、強引なチョーキングとか。
兎に角。その自由奔放振りこそが魅力なので。あまりカッチリしたのは似合わなくて。
その点、このアルバム。緩い感じもありつつコットンとの共演が刺激にもなっているのか。
伸び伸びと思うがままに。心と魂の感じるままに弾いてる感じがあって。そこがいいかなと。
親分、ウルフのレパートリーだった「Sitting On Top Of The World」「The Red Rooster」とか。
更にはリトル・ウォルターの「Juke」もやってたりと。選曲もツボを押さえててニヤリとさせられます。
まぁ、そうは言っても。先ずは一連のウルフのアルバムでのサムリンのプレイこそ聴くべきで。
それと比較すると大人しいものなのですが。まぁ、ウルフとの蜜月時代は別格ですからね。
人が良さそうで。確かギャラに釣られてマディのバンドに移籍するもウルフに睨まれたら直ぐに復帰したとか。
そんなエピソードもあるのですが。それと相反する様な、時に狂気の影すら過るそのギター。
やっぱり。それだけ。心と魂が込められてるんだよなと。その狂気と熱気は十分に感じられるアルバムです。
10年ほど前に野音で観たライヴでも。温和な顔して、最初の一音でもう、只者じゃ無さが伝わってきましたから。

そう。
たぶん。
自分なりには。その基準では。
出来てるんだよな。
前も向いてるんだよな。

でも。
たぶん。
自分だけの基準を満たしてても。
それだけじゃ。
許されないとこに来てるんだよな。

どうやって。
進みたいのか。
昇りたいのか。
喜びたいのか。
楽しみたいのか。

それを。
思う。
込める。
心と魂。
後は・・・

それを。
表現する。
納得させる。
技術とか。武器とか。
そんなものも無いと。

ここまで。
そこまで。
なんだよな。
だから。
それを探しに行っておいでよと。

まぁ。
そう言って。
背中を。
押して。
見送って。

でも。
その実。
最後は。
心と魂。
時に。
狂おしい程に。
思える。
込めれれる。
心と魂。
それしか。
決め手は無いんだと。
思っていたりする・・・



web拍手 by FC2

|

« 2012/10/23 Tue *文殊には及ばずとも / Bo Diddley, Muddy Waters, Little Walter | トップページ | 2012/10/25 Thu *与えられたか / The Kinks »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/55985937

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/10/24 Wed *心と魂、後は・・・ / Hubert Sumlin:

« 2012/10/23 Tue *文殊には及ばずとも / Bo Diddley, Muddy Waters, Little Walter | トップページ | 2012/10/25 Thu *与えられたか / The Kinks »