« 2012/11/12 Mon *気をつけろ / Hound Dog Taylor & The House Rockers | トップページ | 2012/11/14 Wed *彷徨える魂 / Lowell Fulson »

2012/11/13 Tue *いきそうで・・・ / Otis Rush

20121113tops


見えません?
解りません?
だって。ほら。
ねぇ。そこに。
ぶら下がってますよね。

見えてるでしょ。
解ってるでしょ。
だって。ほら。
ねぇ。そこで。
振られてますよね。

だったら。
ほら。もう。
見えてるって。
解ってるって。
言っちゃっていいんですよ。

言っちゃって。
後は。もう。
そこへ。
そこまで。
一気に・・・ねぇ・・・

『Tops』'89年リリース。
'85年のサンフランシスコ・ブルース・フェスティヴァルで収録されたオーティス・ラッシュのライヴ・アルバム。
'80年代に入り活動休止状態となり。レコーディングの機会も無く、ライヴを行うことも無くなっていたとか。
そんなラッシュが一念発起して、再起をかけたのがこのライヴだったんだとか。当然気合も入っていた筈で。
しかも、その気合が空回りすることも無く。そのヴォーカルもギターも。実に自然と、伸び伸びと。いい感じです。
元来の繊細で、完璧主義的な性格と。デヴュー以来のレコーディングにおける不運やトラブルとかも重なって。
とかく、その不安定さがライヴに、演奏に表れがちなラッシュ。いい時はいいんだけど、悪い時はねぇと。
まぁ、その落差の激しさが愛おしくもあるんですけどね。当たった時の凄さを知ってしまうとハマってしまうと言う。
10年程に病に倒れて。今はステージに立つことも無いラッシュですが。一時は頻繁に来日していて。
自分も何度か足を運びましたが。確かにね、延々とソロを弾き続けるだけで決められなくて悲痛な時もあって。
辛いなぁと思わされることも何回かあったんですが。当たった時には、それはもう壮絶な素晴らしさに圧倒されて。
その様が、何とも人間臭く、如何に真摯にブルースと向き合っているかの証である気もして。堪らないのかな。
さて、このアルバム。前述の様に。自然で伸び伸びと。ヴォーカルにもギターにも煌くものが感じられて。
特にギターは最初の一音、そのトーン。最初のソロ、そのフレーズ。それだけであぁ、ラッシュだなと感じられて。
いいんんですよねぇ。御機嫌なんですよねぇ。でもねぇ・・・どうにも、こう、その実、もどかしさもあったりもして。
否、本当にン爆発した時の、一気にいっちゃった時のラッシュはこんなもんじゃないと。それを知ってるだけにね。
多分に幻想も入り込んでるかも知れませんが。いきそうで、なかなかいけない、そんな感じもあるんですよね。
好調時のラッシュですから。楽勝で平均点超えてて、並じゃないけど。それ以上を求めちゃうんだよなぁ・・・

見えてますよね?
解ってますよね?
だったら。ほら。
ねぇ。そこで。
踏み出さない理由がありませんよね。

見えてるんだから。
解ってるんだから。
だったら。ほら。
ねぇ。そこまでで。
止めてしまう理由なんてありませんよね。

だって。
ほら。もう。
見えてるんだから。
解ってるんだから。
言っちゃっていいんですよ。
いっちゃっていいんですよ。

言っちゃって。
後は。もう。
そこへ。
そこまで。
一気に・・・ねぇ・・・

いっちゃわないと。
昇りつめちゃわないと。
この機を逃したら。
次があるかどうか。
それこそ解らないんだから。

なのに。なんで。
一気に・・・ねぇ・・・
いきそうで・・・いかないんだよなぁ。
いきそうで・・・いけないんだよなぁ。
あぁ、もどかしい(苦笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2012/11/12 Mon *気をつけろ / Hound Dog Taylor & The House Rockers | トップページ | 2012/11/14 Wed *彷徨える魂 / Lowell Fulson »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/56115827

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/11/13 Tue *いきそうで・・・ / Otis Rush:

« 2012/11/12 Mon *気をつけろ / Hound Dog Taylor & The House Rockers | トップページ | 2012/11/14 Wed *彷徨える魂 / Lowell Fulson »