« 2012/11/15 Thu *感冒 / The Street Sliders | トップページ | 2012/11/17 Sat *真夜中過ぎ、夜の白むまで / 泉谷しげる »

2012/11/16 Fri *幻影 / Red Warriors

20121116swingindaze


めくるめく。
回り。
踊り。
揺れて。
渦巻く。

巡りゆく。
昇り。
昂ぶり。
浮き上がり。
遠のく。

その時。
そこに。
あるものは。
そこで。
見えるものは。
聞こえるものは。
手を伸ばせば。
触れられそうなものは。

それは・・・

『Swingin' Daze』'89年リリース。
レッド・ウォリアーズの5枚目にしてラスト・アルバム。
何度か再結成してアルバムもリリースされてますが。まぁ、あれは別物ですね。
やっぱりレッド・ウォリアーズは、あの4人での、ここまでがレッド・ウォリアーズなんだよな。
確か、このアルバムのリリース前に解散が発表されて。愕然として。何でと思ってたら。
その理由が、シャケが活動の拠点を海外に移したいからだと。おいおい待てよと。
一気に上り詰めて。これからまだまだご機嫌なロックンロールを下らない世の中に広めて欲しかったのにと。
勿体ないなと、そして悔しいなと。そんな思いが強くて。強すぎて暫くは買うのを見送ったんですよね(苦笑)。
で、ほとぼりが冷めた頃に手に入れて。針を落としたら。これがまた。意外なんてもんじゃなくて。
それまでの。王道のバッド・ボーイズ・ロックンロールはなんだったんだと。それくらい異色に感じられて。
最後がこれかよと。最後にこれやっちゃうのかよと。「Wild Cherry」は「Casino Drive」はなんだったんだと。
愕然とさせられたんですけどね。でも、そうかと。このアルバムに濃厚なグラムやサイケの色合い、香り。
そうだよねと。そんなロックに魅せられてきたんだよねと。それに挑んでみたくなったんだよねと。
シャケやユカイとほぼ同年代(少しだけ年下)の身としては妙に共感できるものもあったんですよね。
そう。そんな黄金期のロックのめくるめく魅力の虜になった世代ですからね。やりたくなるよねと。
そして見事に。やってみせたと。シャケだけじゃなく、レッド・ウォリアーズの底力、意地を感じるアルバムです。
だけに。この続きを聴いてみたかったってのもあるんですけどね。この1枚だったから良かったのかな。
でも、いまのユカイを見るにつけ・・・幻影、幻聴だとしても。もう一度めくるめく思いを感じさせて欲しかったなと。

めくるめく。
回り続けている。
踊り続けている。
未だ揺れている。
未だ渦巻いている。

巡りゆく。
昇っている。
昂ぶっている。
浮き上がっている。
遠のいてしまう。

その時。
そこに。
あるものは。
そこで。
見えるものは。
聞こえるものは。
手を伸ばせば。
捕らえられそうなものは。

それは・・・

幻影。

その昔。
その時。
そこで。
その一部で。
あったとえいても。
今は。
もう。

幻影。

だとしても。
もう一度。
その渦の中で。
めくるめく。
その渦の中で。
巡りゆく。
その姿を思う。

幻影。

そのままで。
終わらせたくはない。
終わらせてはならない。



web拍手 by FC2

|

« 2012/11/15 Thu *感冒 / The Street Sliders | トップページ | 2012/11/17 Sat *真夜中過ぎ、夜の白むまで / 泉谷しげる »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012/11/16 Fri *幻影 / Red Warriors:

« 2012/11/15 Thu *感冒 / The Street Sliders | トップページ | 2012/11/17 Sat *真夜中過ぎ、夜の白むまで / 泉谷しげる »