« 2012/11/27 Tue *ジャストミート / Al Green | トップページ | 2012/11/29 Thu *想い果てなく / George Harrison »

2012/11/28 Wed *ひと時でも / Ann Peebles

20121128parttimelove


ひと時でも。
一瞬でも。
その時に。
掴めれば。
捉えられることができれば。

そのまま。
持ち込んで。
引きずり込んで。
こっちの土俵で。
勝負することができれば。

なんとかなる。
なんとかできる。
少なくとも。
機会はつくれる。
機会さえ創ることができれば。

『Part Time Love』'70年リリース。
ハイの歌姫、メンフォシ・ソウル・クイーン、アン・ピーブルズの2ndアルバム。
4枚目のシングルだった「Part Time Love」のヒットを受けて急遽制作されたらしく。
全10曲のうち6曲が1stアルバムとダブってるんだとか。粗製濫造な感じは否めませんが。
まぁ、その1stアルバムは持っていないので。いいかなと。ジャケットもこっちのがいい感じだし。
ゴスペル出身でブルージーな歌声が持ち味のアン。そのブルーな情感が滲み出るバラードもいいのですが。
「Part Time Love」の様な。ビートの効いたナンバーで。ハイ・リズムの後押しも受けて。
ビートに乗ってソリッドにガンガン攻めてくるアンが、やはりグイグイ胸に迫ってくるかなぁ。来た来たってとこで。
ブルージーでハードで。故に。ちょっと硬い感じも確かにあって。しかも未だ線が細いかなって感じも。
そこがね。アレサ・フランクリンとか、グラディス・ナイトとかと比較すると。針を落とす機会が少ない理由かな。
でもね。偶に。堪らなくアンの歌声を聴きたくなるんですよね。その歌声に圧倒されたくなるんだよなぁ。
こう、グイグイ、ガンガン、迫られたくなると言うか。それこそ目の前で歌ってるかの迫力を感じたいと言うか。
要は。ひと時でも、一瞬でも。アンと恋に落ちたくなるんですよね。刺激的ですからねぇ。
ただ。その恋が永く続くかと言うと、続けたいかと言うと。それはちょっとこっちの身が持たないかなと。
刺激が強い日々ってのは魅惑的ではあるけれど。続きすぎると、息苦しくなったり、溺れ過ぎたりするからねぇ。
それでも。そのひと時、その一瞬で。聴く者を虜にしてしまうアンの魅力はやはり抗い難いものがあるのです。

ひと時でも。
一瞬でも。
その時に。
魅せられれば。
惹きこむことができれば。

そのまま。
幻惑させて。
魅了したままで。
こっちの舞台で。
幕さえ開けてしまえば。

なんとかなる。
なんとかできる。
少なくとも。
芝居は始められる。
芝居さえ始めてしまえれば。

後は。
そのひと時。
その一瞬を。
飽きさせず。
褪せさせず。

後は。
息苦しくならない程度に。
溺れ過ぎない程度に。
身が持つ程度に。
続けるだけ。

だから、
ひと時。
一瞬。
その時。
恋に落とさせよう!



web拍手 by FC2

|

« 2012/11/27 Tue *ジャストミート / Al Green | トップページ | 2012/11/29 Thu *想い果てなく / George Harrison »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/56226191

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/11/28 Wed *ひと時でも / Ann Peebles:

« 2012/11/27 Tue *ジャストミート / Al Green | トップページ | 2012/11/29 Thu *想い果てなく / George Harrison »