« 2012/12/14 Fri *せっせせっせ、うきうきと / The Sweet Inspirations | トップページ | 2012/12/16 Sun *同じ時代、同じ国 / RCサクセション »

2012/12/15 Sat *おもろい仲間達 / ファニー・カンパニー

20121215funnycompany


前の日から。
前の晩から。
準備して。
仕込みして。
楽しみなんだ。

胸弾ませて。
足取りも軽く。
微笑浮かべて。
急く気持ちを。
抑えながら向かうんだ。

楽しい。
おもろい。
仲間達が。
待っているんだ。
仲間達に。
会いに行くんだ。

ベルを。
鳴らして。
おじゃましま~す。

『Funny Company』'73年リリース。
桑名正博を擁したファニー・カンパニーの1stアルバム。
当時は東のキャロル、西のファニカンと並び称される存在だったとか。
キャロルと比較して知る人ぞ知る存在で終わった理由を生前の桑名は。
メンバーみんなボンボンでプロになったものの。遊び感覚で貪欲さに欠けてたからだと語っていたとか。
そのブルージーなサウンドとソウルフルな歌声を耳にすると。とても遊び感覚とは思えず。
まぁ、たぶん照れ隠しもあったんだろうなと。それくらい真正面からロックンロールしてるので。
荒削りで緩い感じもあるのですが。それがまたカッコ良いんですよね。ファンキーでもあるかな。
荒々しく刻んでくるギターに桑名の歌声が乗っかる瞬間とかゾクゾクさせられるものがあります。
40年近く前に、これやってたんですもんね。当時の日本のシーンの状況からすると飛び抜けてるなと。
そりゃ、キャロルにも対抗し得たよなと。いや、真面目に。ちょっと感動したりもして。凄いなぁと。
で、遊び感覚と言えば。確かに本人達も軽妙に面白がってやっているんだろうなと思わせるところもあって。
なんか、こう。関西人・・・大阪人らしい、笑ってやろうみたいなところ。それはそれでいい味になっていて。
「スウィート・ホーム大阪」なんてナンバーはその真骨頂かなと。その陽気さはキャロルには無いなと。
その裏に潜む切なさみたいなものが。解らない人には解らなくて。感じられない人には感じられなくて。
それがアルバム2枚で終わってしまった理由だったら寂しいなと。カッコ良くておもろくてなんて、最高なのにね。
ファニー・カンパニーというバンドが存在したこと、桑名正博というヴォーカリストがいたこと。忘れないでおこう・・・

前の日から。
前の晩から。
準備して。
仕込みして。
喜んでもらえた。

胸弾ませて。
足取りも軽く。
微笑浮かべて。
急く気持ちを。
受け止めてもらえた。

楽しい。
おもろい。
仲間達が。
待っていたんだ。
仲間達と。
共に過ごしたんだ。

手を。
振って。
バイバイ、またねと。

ひょんな出会いから。
始まって。
不思議な縁で繋がって。
そんな。
楽しい、おもしろい、おもろい仲間達。
今日、共に過ごせた仲間達(小さなお姫様達もね)も。
過ごせなかった仲間達も。
そして。
遠く離れてる仲間達も。
そしてそして。
空の上で笑っているだろう仲間達も。

そんな。
仲間達と。
出会えて。
繋がって。
いま、こうしていられる。
それが。
とっても愛おしいんだ!



web拍手 by FC2

|

« 2012/12/14 Fri *せっせせっせ、うきうきと / The Sweet Inspirations | トップページ | 2012/12/16 Sun *同じ時代、同じ国 / RCサクセション »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012/12/15 Sat *おもろい仲間達 / ファニー・カンパニー:

« 2012/12/14 Fri *せっせせっせ、うきうきと / The Sweet Inspirations | トップページ | 2012/12/16 Sun *同じ時代、同じ国 / RCサクセション »