« 2012/12/20 Thu *賽の目の行方 / Bad Company | トップページ | 2012/12/22 Sat *熱冷まし / Joe Cocker »

2012/12/21 Fri *ホップ、ステップ・・・ / Detective

20121221detectivelive


なんとか。
かんとか。
それでも。
ここまで。
手が届いた。

なんとか。
かんとか。
やっとの思いで。
ここまで。
持ち込んだ。

ホップ。
して。
ステップ。
して。
さてと・・・

ここまで。
来たからには。
何が何でも。
次の段階へ。
そこへ手を伸ばそう。

『Live From Atlantic Studios』'78年リリース。
マイケル・デ・バレスを擁したディテクティヴの唯一のライヴ・アルバム・・・とは言っても。
プロモーション用に配布されたもので。タイトル通りにアトランティック・レコードのスタジオでのライヴで。
AC/DCにも同様のアルバムがあって。タイトルもジャケのコンセプトも同一だったりします。
そのAC/DCのアルバムと同様に。観客の歓声は殆ど収録されておらず。バンドの骨格がクッキリと解ると言う。
つまりはその実力の程が曝け出されてしまうと言う。まぁ、勿論それだけの自信があるから制作されたのかな。
骨太で腰の落ちたサウンドを従えて。ダイナミックに、時にソウルフルに迫ってくるマイケルのヴォーカル。
やはり、それがディテクティヴの最大の武器で、魅力だったのだなと再認識させられるアルバムになってます。
シルヴァーヘッド時代からそのヴォーカルは輝いてましたからね。当然と言えば当然なんですけどね。
グラム・ロックの波に飲み込まれて正当な評価を得られなかったシルヴァーヘッドのサウンドも正統派だったし。
このディテクティヴも真正面からぶつかってくるハードなサウンドだし。結局それこそがマイケルの本質だったと。
その点において。とてもロック・ヴォーカリストらしいヴォーカリストなんですけど。残念ながら今に至るまで。
真っ当に評価されてないし。スワン・ソングのレーベルの様には飛べず、跳べず。大きな成功は得られてないと。
何だかそう思って見ると。ジャケットのマイケルも万歳じゃなくてお手上げって感じ・・・それは無いかな(苦笑)。
そう。スワン・ソング所属だったんだよなぁ、ディテクティヴ。そのせいか。ツェッペリンを意識し過ぎたのかな。
バッド・カンパニーを思わせる瞬間もあったりして。マイケルのヴォーカルは別として個性が定まらなかったと。
確かにそれはあったのかも知れませんね。それがバンドとして、ディテクティヴが大成出来なかった要因かなぁ。
シルヴァーヘッドでホップ、ディテクティヴでステップ。で、今でもマイケルの大ジャンプを待ってるんだよなぁ・・・

なんとか。
かんとか。
それでも。
ここまで。
手が届いて。

なんとか。
かんとか。
やっとの思いで。
ここまで。
持ち込めた。

ホップ。
した。
ステップ。
した。
後はと・・・

ここまで。
来たんだから。
何が何でも。
次の段階へ。
そこへ手を掛けよう。

ホップ。
ステップ。
ジャンプ。

ちょっと。
ギリギリで。
滑りかけて。
跳躍が。
飛翔が。
足りないかなと思ったけど。
絶妙なアシストや。
温かい援護射撃もあって。
手が届いた。
手が掛った。
這い上がれた。

これも。
まぁ。
ホップ。
ステップ。
ジャンプ・・・だよね。

今日のところは。
万歳しておこう!



web拍手 by FC2

|

« 2012/12/20 Thu *賽の目の行方 / Bad Company | トップページ | 2012/12/22 Sat *熱冷まし / Joe Cocker »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/56380873

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/12/21 Fri *ホップ、ステップ・・・ / Detective:

« 2012/12/20 Thu *賽の目の行方 / Bad Company | トップページ | 2012/12/22 Sat *熱冷まし / Joe Cocker »