« 2012/12/21 Fri *ホップ、ステップ・・・ / Detective | トップページ | 2012/12/23 Sun *乗ったからには / AC/DC »

2012/12/22 Sat *熱冷まし / Joe Cocker

20121222icanstanalittlerain


小雨。
そぼ降る雨。
小糠雨。
雨も。
この程度なら。

雨。
小雨。
冷え切らない程度に。
この体を。
この心を。

包んで。
濡らして。
熱冷まし。
燃えすぎない様に。
燃え尽きない様にと。

『I Can't Stand A Little Rain』'74年リリース。
ウッドストックでの熱演等で一躍スターとなったジョー・コッカー。
そこで燃えすぎてしまったか。お定まりの薬と酒で身を持ち崩して。
危うく燃え尽きて。そのままシーンから姿を消す寸前だったとか。
そんなコッカーにとって起死回生となったのがこのアルバムと、そこからシングル・カットされたナンバー。
そう、ビリー・プレストンのカヴァーである「You Are So Beautiful」の大ヒットだったのです。
何がコッカーを再起に向かわせたのか。それは解らないのですが。確かに真摯に歌に向き合ってるなと。
その姿勢さえ、思いさえ戻ってくれば。その実力には折り紙つきのコッカーですから。
あのコッカーならではの。個性的なしわがれた歌声で歌い上げられれば。聴く者の心を揺さぶろうってものです。
恐らくは。前作からの3年ほどの間に。治療も受けたでしょうし。それ以上に。シーンと距離が出来たことで。
少し冷静に自分と言うものを見つめられる時間が出来たのかなと。いい熱冷ましの期間になったのかなと。
燃え上がってしまうと、一度火がついてしまうと。なかなか止められない、冷静になれない・・・ですものね。
そして。そんなコッカーを支える面子がまた豪華で。プロデューサーも務めたジム・プライスを始めとして。
そうそうたるメンバーがバック・アップしています。それもまたコッカーの実力、人柄ゆえなんでしょうね。
その中でも一際、活躍が目立つのがニッキー・ホプキンスで。かの「You Are So Beautiful」も。
ホプキンスの素晴らしいピアノが無ければ。ここまでの名演には成らなかったんじゃないかなと思われます。
こんな面子、メンバーが待っていてくれたんだから。コッカーの熱唱にもより一層力が入ろうってもんですね。
(ストーンズ・ファンとしてはプレストンからホプキンスへの繋がりも興味深いものがありますが)
今ではすっかり忘れ去られた感もあるコッカーですが。このアルバムの入魂の歌声は、消え去らないと思います。

小雨。
そぼ降る雨。
小糠雨。
雨も。
程良い感じだね。

雨。
小雨。
醒め切らない程度に。
この体を。
この心を。

包み込み。
潤して。
熱冷まし。
燃えすぎない様に。
燃え尽きない様にと。

熱冷まし。
ほっと一息。
暫し休息。
冷静に。
顧みて。
やがて来る。
その時に。
燃え上がれる様に。
魂込められる様に。

今日は。
熱冷まし。



web拍手 by FC2

|

« 2012/12/21 Fri *ホップ、ステップ・・・ / Detective | トップページ | 2012/12/23 Sun *乗ったからには / AC/DC »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/56388275

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/12/22 Sat *熱冷まし / Joe Cocker:

« 2012/12/21 Fri *ホップ、ステップ・・・ / Detective | トップページ | 2012/12/23 Sun *乗ったからには / AC/DC »