« 2012/12/30 Sun *かすかな呟きだとしても / 麗蘭 | トップページ | 2013/01/01 Tue *笑門来福 / The Rolling Stones »

2012/12/31 Mon *また逢おう、きっとだよ / 速水清司

20121231donnatokinimo_3


今年も。
暮れます。
終わります。
一先ずは。
お別れの挨拶を。

今年も。
色んな事がありました。
色んな出会いがありました。
色んな別れもありました。
本当にね。

今年も。
お世話になりました。
まぁ。だいたい。
楽しかったかな。
面白かったかな。

また。
逢いましょう。
きっと。
きっとね。
近いうちにね。

『どんな時にも』'77年リリース。
ジプシー・ブラッド、井上堯之バンド、ドンジャンR&Rバンドでの活動で知られる速水清司。
その速水の初めてのソロ・アルバム。井上堯之のレーベルからのリリースでした。
ニール・ヤングの'70年代初期の諸作を思わせるサウンドが特徴的です。ギターがいい音で鳴ってます。
このクリアーな音は間違いなく速水のトレード・マークでもあるストラトキャスターですね。
そう。なので。ニール・ヤングを思わせながらも。その音、ハーフ・トーンは英国的でもあります。
どうしても出会った経緯から。ドンジャンR&Rバンド、ショーケンと一緒にやってる時のイメージが強くて。
故にサイド・マンとしての印象があって。このアルバムの存在も最近まで知らなかったりして。あれれと。
で、ギタリストであると同時に。ソングライターでもある速水。ショーケンのナンバーを書いてるのは知ってたけど。
そのうちの何曲かは、このアルバムに収録されているものがオリジナルだったりして。そうなんだと。
「コンクリート・ジャングル」とか「オー・ルーシー」とか「さよなら」に再会することになったのでした。
そのヴォーカルは。ショーケンの、あの灰汁の強すぎるヴォーカルを聴いた後では。分が悪いと言うか。
ギターと同じでクリアーですが、線の細さは否めないかなってところです。まぁ、ショーケンと比較しても何ですが。
でも。それはそれで。また味があると言うか。メロディーの良さはハッキリするかな。ショーケンはねぇ(苦笑)。
(ショーケンはショーケンであれでいいんですよ。あれだから、あのヴォーカルだから好きなんですよね)
特に。「さよなら」はね。いい曲、素晴らしい曲だってのは十分承知で。大好きな曲なんですけど。
このアルバムで再開して。一層好きになりました。これは、本当にいい曲だなぁと、改めてしみじみとね・・・

今年も。
暮れます。
終わります。
暫しの。
お別れの挨拶を。

今年も。
様々な話がありました。
様々な出会いがありました。
様々な別れもありました。
本当にね。

今年も。
お世話になりました。
まぁ。たいがいは。
楽しかったよね。
面白かったよね。

また。
逢いましょう。
きっと。
きっとね。
近いうちにね。

そう。
まだまだ。
話も残ってるし。
物語も続くし。
転がっていくからね。

今日で。
366日。
毎日1枚のアルバムと共に。
徒然なる思いを綴らせて頂きました。
完走してしまいました。
来年は。
少しだけ。
ペースを落として。
ぼちぼちと続けていこうと思います。

また逢おう、きっとだよ。
おぼえておいて。

ありがとうございました。
良いお年を!



web拍手 by FC2

|

« 2012/12/30 Sun *かすかな呟きだとしても / 麗蘭 | トップページ | 2013/01/01 Tue *笑門来福 / The Rolling Stones »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012/12/31 Mon *また逢おう、きっとだよ / 速水清司:

« 2012/12/30 Sun *かすかな呟きだとしても / 麗蘭 | トップページ | 2013/01/01 Tue *笑門来福 / The Rolling Stones »