« 2013/01/10 Thu *時間をかけて / Percy Sledge | トップページ | 2013/01/12 Sat *思いきり・・・ / 沢田研二 »

2013/01/11 Fri *好きさ、好きなんだ、大好きなんだ / ザ・カーナビーツ

20130111thecarnabeatsfirstalbum


好きさ。
好きさ。
好きさ。
好きなんだ。
大好きなんだ。

金曜日の夜が。
週末の始まりが。
心置きなく。総てを忘れて。
明日へと駆け出す。
この瞬間が。

好きさ。
好きさ。
好きさ。
好きなんだ。
大好きなんだ。

金曜日の夜が。
待合せして。
開館時間を延長した美術館で。
ゆっくりと歩いて。立ち止まって。
堪能したりする。この瞬間が。

『ザ・カーナビーツ・ファースト・アルバム』'68年リリース。
アイ高野を擁したカーナビーツの実質的な1stアルバム。
(前年にジャガーズとのスプリット・アルバムが制作されていました)
カーナビーツと言えばアイ高野、アイ高野と言えばカーナビーツなんですよね。
事務所もレコード会社も。それは十分に理解してたんだろうな。他のメンバーには悪いけど。
ユニオン・ジャックのパッチ(アップリケ?)を胸に堂々とセンター・ポジションをしめるアイ高野。
この時、未だ16歳とか17歳だったんですよね。ショーケンといい、皆若かったんですよねぇ。
ファズを多用したそのサウンドが。今ではサイケとかガレージとかの方面で評価されてもいて。
なんでも海外アーティストによるカヴァーも存在したりと。カルト的な人気も博しているようですが。
カーナビーツと言えば、それはもう。「好きさ 好きさ 好きさ」に尽きるのではないかと。ねぇ。
ドラムスを叩きながら甘い声で情熱的に歌い。スティックを突き出しておまえのすべてを~!と。
あの決めのフレーズ、ポーズがカッコ良くてね、印象的でした。ジュリーの君だけに~!と並んで。
尤も。両方とも後追いで知ったんですけどね。何故か高校生の頃にGSがクラスでブームになったので。
そして何の縁か。その二十数年後にイベントの急造バンドで両方とも振り付きで歌ったりしてました(苦笑)。
閑話休題。「好きさ 好きさ 好きさ」はゾンビーズの「I Love You」のカヴァーで。オリジナルも好きなのですが。
やっぱりインパクトでカーナビーツの勝ちかなぁ。いつ聴いても。あのポーズ決めて叫んじゃうもんなぁ(笑)。
後にクリエーションでも歌ってたアイ高野。この人も逝っちゃったんですよね。早すぎますよね・・・

好きさ。
好きさ。
好きさ。
好きなんだ。
大好きなんだ。

金曜日の夜だ。
週末の始まりだ。
心残りなど。総て忘却の彼方へ。
放り投げられてしまう。
この瞬間が。

好きさ。
好きさ。
好きさ。
好きなんだ。
大好きなんだ。

金曜日の夜が。
待合せして。
美術館を出て。夜の街へ繰り出して。
最初の一杯や。悪くは無い料理を。
楽しんだりする。この瞬間が。

好きさ。
好きさ。
好きさ。
好きなんだ。
大好きなんだ。

この週末は。
三連休だしね。
尚更ね!



web拍手 by FC2

|

« 2013/01/10 Thu *時間をかけて / Percy Sledge | トップページ | 2013/01/12 Sat *思いきり・・・ / 沢田研二 »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013/01/11 Fri *好きさ、好きなんだ、大好きなんだ / ザ・カーナビーツ:

« 2013/01/10 Thu *時間をかけて / Percy Sledge | トップページ | 2013/01/12 Sat *思いきり・・・ / 沢田研二 »