« 2013/02/09 Sat *早く・・・ねぇ / Claudine Longet | トップページ | 2013/02/11 Mon *殉ずるだけ / David Bowie »

2013/02/10 Sun *愛しき者、汝の名は / The Rolling Stones

20130210somegirlslive


愛しき者、汝の名は。

まぁ。
兎に角だ。
明るく。
楽しく。
陽気に。

互いに。
皆が。
行きずりでも。
楽しく。
過ごせれば。

それで。
いいじゃんと。
固いこと抜きに。
思わぬ反応。
思わぬ展開。

それを。
笑って。
受けて。
仕掛けて。
手応えがあって。

例え。
ひと時でも。
通ずるものがあれば。
それでいい。
それが醍醐味。

愛しき者、汝の名は。

『Some Girls Live In Texas '78』'12年リリース。
'11年に映像とCDで発売されたローリング・ストーンズのライヴ。そのアナログ2枚組のライヴ・アルバム。
兎に角。ラフでパンクでロックンロールなストーンズのライヴがアナログ盤で聴ける、それだけでいいと。
まぁ、それ以上に。何を今更ガタガタ言っても始まらないと。黙って針を落として聴きなさいと。
それが総てですね。いや本当に。これがね、この'78年のライヴがオフィシャルで聴ける様になったと。
それだけで諸手を挙げて万々歳だわな。これ聴いて痺れないストーンズ・ファンなんておるんかいなと。
で、従来はやっぱりミック・テイラー在籍時が、例えばこんなアルバムで聴ける時代が最高だと。
それが定説だったわけで。確かにそれはそれで。テイラーの流麗さは流石の迫力で痺れるけれども。
ロン・ウッドだって。ちゃんとやれるんだぜ、弾けるんだぜと。このグルーピーなスリリングさは凄いなと。
このライヴ、この時期におけるロンの功績、バンドに持ち込んだ刺激は相当なものだったんだろうなと。
本当に吃驚、この性急さ、パンクさ加減はロン無しではあり得なかったんだなと。お見それしましたと。
そうかそうか。顔チョーキングで誤魔化すだけが能じゃなかったのねと(失礼)。改めて感じ入りました。
その刺激を受けてか。とにかくストーンズ自体が前のめりで突っ走ってく。これこそが、パンク、ロックだぜとね。
オーケストラ化してしまった今のストーンズでは、もう二度と再現できない至福の瞬間がここにあるのです。
ここまでが俺のストーンズだと断言する仲間がいますが。その気持ちも解らなくはないですね。
個人的は'81年までは許容範囲かとも思いますが。そして今のストーンズもなんだかんだで大好きですけどね。
(流石に昨年のライヴは劣化が激しくて・・・辛いものがありましたが・・・複雑だなぁ)
なんたってね、あの「Miss You」がこのアルバムでは痺れるほどカッコ良いんだもんなぁ。それだけで最高かと。
で、最後。D面の一気にハイライトに向かって一体となって突撃していく様、これぞロックンロールなのです!
こいつをですね。アナログ盤で、その音圧でガツンとぶちかまされた日には、ほんと、堪りませんぜ!

愛しき者、汝の名は。

まぁ。
兎に角だ。
明るければ。
楽しければ。
陽気であれば。

互いが。
皆が皆。
知り合いじゃなくても。
楽しく。
過ごせるのだと。

それで。
いいじゃんと。
思わぬ反応。
思わぬ展開。
多少振り回されても。

それを。
笑って。
受けて。
楽しんで。
その先を仕掛けて。

そうさ。
ひと時だからこそ。
触れ合えるものがあれば。
それでいい。
それが刺激的。

愛しき者、汝の名は。

陽気で。
猥雑で。
その生命力で。
そして。
その可愛らしさで。
こんな一夜を彩ってくれる。

愛しき者、汝の名は。

“女たち”なのであります!



web拍手 by FC2

|

« 2013/02/09 Sat *早く・・・ねぇ / Claudine Longet | トップページ | 2013/02/11 Mon *殉ずるだけ / David Bowie »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/56748400

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/02/10 Sun *愛しき者、汝の名は / The Rolling Stones:

« 2013/02/09 Sat *早く・・・ねぇ / Claudine Longet | トップページ | 2013/02/11 Mon *殉ずるだけ / David Bowie »