« 2013/02/26 Tue *やさぐれ者の魂 / Phantom,Rocker & Slick | トップページ | 2013/02/28 Thu *生もの / Lou Reed »

2013/02/27 Wed *優しくなければ / Patti Smith Group

20130227wave


誰かの。
力になりたい。
誰かを。
支えたい。
そんな気持ちが。
無ければ。

やっては。
いられない。
やっても。
いられない。
やってても。
面白くも無い。

例え。
それが。
契約があって。
初めて成り立つ。
そんな関係であったとしても。
あるならば。尚更。

優しくなければ。

『Wave』'79年リリース。
パティ・スミス・グループの4thアルバム。
このアルバムを最後にパティは活動を休止。再始動後はパティ・スミス名義ですので。
パティ・スミス・グループとしては最期のオリジナル・アルバムになるのかな。
元MC5のフレッド・スミスと結婚して。暫くシーンの表舞台から遠ざかることになるパティ。
A面頭の「Frederic」はタイトルからも分かる様にそのフレッドへの愛を歌ったナンバーですし。
続く「Dancing Barefoot」も恋をしてるパティの幸福感からか不思議な浮揚感のあるナンバーで。
バーズのカヴァーである「So You Want To Be (A Rock And Roll Star)」も。
皮肉な歌詞に反する様に。躍動感に満ちたロックンロール・ナンバーとして鳴り響いていると。
ここまで愛と希望と優しさに満ちたパティのアルバムは他には無いんじゃないかなと感じるのです。
特に'70年代のパティは『Horses』も『Radio Ethiopia』に代表される様に荒く、激しく。
常に何かに怒り、何ものかに闘いを挑んでる。そんなパンクの女闘士のイメージが色濃かったので。
最初に針を落とした時には違和感があって。随分丸くなったな。トッド・ラングレンのプロデュースだからかなと。
未だ従来のイメージが強かった、前述のナンバーを含まないB面を好んで聴いていたりしたのでした。
まぁ、当時は。とにかくやり場のない怒りと焦燥感しか抱いていないガキだったので。パティも甘くなったなと。
で、例によって。随分後になって久し振りに針を落として自分の不明に気づいて。あぁ、そうだったのかと。
このアルバムでも。パティは十分に力強いじゃないかと。優しさと愛情。それ故の強さがあるじゃないかと。
“裸足”でしっかりと大地に立って。その足元をしっかりと見つめて。そして誰かを心から愛してる。
そんな強さを身に着けたからこその優しさ、そこに溢れる愛情。やっぱりパティは凄いよねと。降参したのでした。

誰かの。
力になれたなら。
誰かを。
支えられたなら。
そんな気持ちが。
あるから。

やって。
いられる。
やり続けられる。
続けていたい。
やってて。
面白い。楽しい。

例え。
それが。
契約があって。
その間だけ成り立つ。
そんな関係であったとしても。
あるからこそ。尚更。

優しくなければ。

そこに。
包みたい。
守りたい。
そんな。
情が無ければ。
優しくなければ。
やれはしない。

そこに。
包めるだけの。
守れるだけの。
そんな。
熱が無ければ。
強くなければ。
やれはしない。

優しさゆえの強さ。
強さゆえの優しさ。
広がれ。広がれ。
この小さな波紋が。
大きな。大きな。
波にならんことを。



web拍手 by FC2

|

« 2013/02/26 Tue *やさぐれ者の魂 / Phantom,Rocker & Slick | トップページ | 2013/02/28 Thu *生もの / Lou Reed »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/56868285

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/02/27 Wed *優しくなければ / Patti Smith Group:

« 2013/02/26 Tue *やさぐれ者の魂 / Phantom,Rocker & Slick | トップページ | 2013/02/28 Thu *生もの / Lou Reed »