« 2013/03/04 Mon *俺も男だ / Joe Jackson | トップページ | 2013/03/06 Wed *時間はね / Black Heat »

2013/03/05 Tue *リハから始まる / John Lennon

20130305liveinnycity


まぁ。
先ずは。
手始めに。
小手調べに。
軽い感じで。

あまり。
高くせずに。
あまり。
重くしないで。
兎にも角にも。

手をつけましょう。
始めてしまいましょう。
それを第一に。
考えて。
動き出しましょう。

リハーサルから始めましょう。

『Live In New York City』'86年リリース。
'72年8月30日にマディソン・スクエア・ガーデンでの公演で収録されたジョン・レノンのライヴ・アルバム。
子供達の為のチャリティーが目的で昼の部と夜の部と2回の公演が行われて。これは昼の部が音源だったかな。
未だDVD化はされていないようですが映像版もVHSやLDでリリースされていました。
何故、今頃?との疑問はあったものの。ジョンの(ソロとしての)初めてのライヴ・アルバムだったので。
『Live Peace In Tronto 1969』はプラスティック・オノ・バンド名義で。しかもB面がねぇ・・・)
告知されてからは心待ちにしていて。発売日にレコード屋に買いに行った記憶があります。
結果的にはこの公演がジョンの生前の最後のフル・サイズでのライヴになってしまったんですよね。
この後は。エルトン・ジョンのライヴへの飛び入りとか。TVショーでの短い演奏しかなかったんじゃないかな。
もう。その貴重さ、それだけで。それが聴ける様になっただけで。当時は本当に嬉しかったし、感動したんだよな。
まぁ、今でも。実のところジョンの歌声を聴くだけで。それだけで冷静ではいられなくなったりするんですけどね。
さて。ジョンにとっては。'66年にビートルズがライヴ活動を休止して以来の本格てなライヴだったので。
本調子には程遠かった様で。特に昼の部の出来には満足していなくて。イラついたり、危なかしかったりで。
確かに音程やテンポを外す場面もあって。皮肉屋のジョンらしく、リハーサルへようこそなんて言ってたりします。
実際に。ジョンとしては。この先に本格的にライヴへの復帰を考えていたかも知れなかったわけで。
'70年代半ばにはかなり本気でビートルズの再結成を図っていた節もあるので。その意味でもリハだったのかな。
人一倍負けず嫌いでもあったジョンなので。これで終わりには出来ないぞって思いもあったでしょうしね。
残念ながら。それは敵わぬこととなってしまったわけですが。それは本当に未だに悔しくてね・・・
リハだなんだと言いながら。「Come Together」「Cold Turkey」ではロックンローラー、ジョン・レノン。
その片鱗が垣間見えて。それだけでも。その凄みに震えるので。本当に。これからだったのになぁ・・・とね。

まぁ。
先ずは。
手始めとして。
小手調べでと。
そんな感じで。

あまり。
急かずに。
あまり。
焦らずに。
兎にも角にも。

手をつけること。
始めてしまうこと。
それだけを第一に。
考えて。
動き出すことにしよう。

リハビリから始めてみよう。

未だ。
先がある。
これからが。
長いのだと。
そう思って。
そう信じて。

兎にも角にも。
リハーサルから。
始めましょう。
リハビリから。
始めてみよう。

リハから始まる。
物語。



web拍手 by FC2

|

« 2013/03/04 Mon *俺も男だ / Joe Jackson | トップページ | 2013/03/06 Wed *時間はね / Black Heat »

001 British Rock」カテゴリの記事

009 The Beatles」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/56903573

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/03/05 Tue *リハから始まる / John Lennon:

« 2013/03/04 Mon *俺も男だ / Joe Jackson | トップページ | 2013/03/06 Wed *時間はね / Black Heat »