« 2013/03/06 Wed *時間はね / Black Heat | トップページ | 2013/03/08 Fri *うまく踊れたら / 石川セリ »

2013/03/07 Thu *魂はね / Ben E. King

20130307whatissoul


魂はね。
時に。
震えるんだ。
鳴くんだ。
そうなんだ。

何かに。
何ものかに。
共感して。
共鳴して。

密かに。
胸の奥の。
柔らかいところで。
震えて。鳴いて。
熱いものが。
湧き上がるんだ。

『What Is Soul?』'67年リリース。
'65年~'67年のシングル・ナンバーを集めたベン・E・キングの英国編集アルバム。
時代を反映したかのジャケットのカッコ良さもあってか。なかなかに人気のアルアルバム。
イラストによる別ジャケットの日本盤もある様ですが。こいつはこのジャケットじゃないとねと。
更に言えば音の厚く太いモノラルのアナログ盤でなきゃって。ついついそんな思いにさせられる程に。
ここでの。ベンのヴォーカル、その歌声のカッコ良さ、熱さ、深さは素晴らしいのです。
どうしても。ドリフターズ時代、そして「Stand By Me」のみで語られてしまうベンなのですが。
確かにドリフターズも素晴らしいし。「Stand By Me」は畢生の名曲、名唱だったので致し方なくもあるのですが。
決してそれだけではない、その時代だけではなかったんだと。そう思い知らされるに十分なもの。
それだけのものが。このアルバムのベンにはあって。この時代においても魅力的だったんだと。
そのダイナミックなサウンドと共に迫ってくる、ディープ・ソウル・シンガーとしてのベン、魂、震わされます。
ソロモン・バーク、ウィルソン・ピケット、そしてオーティス・レディング。どうしても彼等よりひと時代前の。
古い世代のソウル・シンガーだとの印象が強くて。実際に一番の年長者でもあり。デビューも早くて。
しかしなんのなんの。ちゃんと。サザン・ソウルの時代にも対応してたんだなと。何だか嬉しくなったりもして。
結局、あまりにもオーティスが凄すぎて。割を食ったんだなと。今更ながらそんなことも思ってしまいます。
(まぁ、それはベンだけじゃなく。バークにもピケットにも言えることですけどね・・・)
そして。今も健在なのはベンだけで。最近は目立った活動もしてない様ですが。いつまでも元気でいて下さいと。

魂はね。
時に。
動くんだ。
騒ぐんだ。
そうなんだ。

何かに。
何ものかに。
刺激されて。
触発されて。

密かに。
胸の奥の。
柔らかいところで。
動いて。騒いで。
熱いものが。
滾るんだ。

何かに。
何ものかに。
誰かに。
その思いに。
共感するんだ。
共鳴するんだ。
刺激されるんだ。
触発されるんだ。
そして。
共に。
熱くなるんだ。

魂とは。
そういうものなんだ!



web拍手 by FC2

|

« 2013/03/06 Wed *時間はね / Black Heat | トップページ | 2013/03/08 Fri *うまく踊れたら / 石川セリ »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/56921442

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/03/07 Thu *魂はね / Ben E. King:

« 2013/03/06 Wed *時間はね / Black Heat | トップページ | 2013/03/08 Fri *うまく踊れたら / 石川セリ »