« 2013/04/04 Thu *あと二日 / Elkie Brooks | トップページ | 2013/04/07 Sun *夢語りしか、夢語りでも / David Bowie »

2013/04/05 Fri *不完全燃焼 / Slade

20130405sladeinflame


燃えそうで。
燃えない。
燃え尽きそうで。
燃え残ってる。
どうにも。こうにも。

燃えそうなもの。
あれこれ集めて。
油を注いで。
火種も落として。
燃え上がった。

そう。
確かに。
燃え上がったのに。
風向きが変わったのか。
火勢が弱まってる様な。

あぁ。どうにも。
じれったい・・・

『Slade In Flame』'74年リリース。
英国労働者階級の星、スレイドの主演映画のサントラでもあったアルバム。
今も英国では根強い人気を誇るスレイドですが。'70年代の中頃までは特に大人気で。
とにかく。その馬鹿馬鹿しいまでに騒がしく陽気なサウンドとキャラが大いに受けてたと。
ビートルズ、クイーンと並ぶ(愛され方はは異なるものの・・・)国民的バンドだったのです。
そんなスレイドですが。何故かなかなか米国では売れなくて。どうにかしなければいけないと。
まぁ、英国と米国で受け入られるものや、受け入られ方が異なるのは当然と言えば当然なので。
それを妙に意識するとあまりいい結果にはつながらないのですが。スレイドもねぇ・・・
恐らくは。その英国的なユーモラスさが米国では受け入られないんだろうとでも思ったのでしょう。
妙に真面目な実録風(未見ですが)の映画を作って主演して、そのサントラで勝負をかけたと。
しかし。やはり米国では受け入れられず。英国でもそんなのスレイドじゃないと売上落としたと。
まぁ、得てして考え過ぎは良くないよって典型例になっちゃったんですよね。
メンバーにも迷いがあったのか。このアルバムも妙にバラエティに富んでるんですよね。悪くないけど。
そう。悪くなくて。ホーンが入ったナンバーとかバラードもなかなか良くて聴けちゃうんだけど。
それだけに尚更。スレイドに求めてるものはそうじゃない。そっちに行かなくていいって反発しちゃうかな。
何よりも。馬鹿に徹しきれてないメンバー自身の迷い、吹っ切れて無さ、燻ってる感じが伝わっちゃって。
やっぱりねぇ。やるからには。憂いを残さず思いっきりやってもらわないとと思ってしまうのです。
決して悪くはないんですけどね。相変わらずポップでキャッチーで。でも振り切れてはいないんだよなぁ・・・

燃えそうで。
燃えてない。
燃え尽きるまでの。
勢いがない。
どうにも。こうにも。

燃えそうなもの。
更に投げこんで。
油も足して。
煽りに煽って。
炎を絶やさずに。

そう。
確かに。
絶えてはいないけど。
風が止んでしまったのか。
火炎は吹き上がらずに。

あぁ。どうにも。
じれったい・・・

不安も。
戸惑いも。
その。
理由も。
解る。
解るが故に。
どうにも。
じれったい。
なんとかしたい。

手をこまねいていても。
仕方がない。
手をまわし過ぎても。
策を弄し過ぎても。
それはそれで結局すっきりはしない。
ならば。
やはり。ここは。
正面突破で燃え上がらせるしかないけれど。

火種を用いても。
油を注いでも。
団扇で煽ってみても。
肝心要の誰かの腹が据わらねば。
不完全燃焼になってしまう。

あぁ。どうにも。
じれったい・・・ね。



web拍手 by FC2

|

« 2013/04/04 Thu *あと二日 / Elkie Brooks | トップページ | 2013/04/07 Sun *夢語りしか、夢語りでも / David Bowie »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/57130534

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/04/05 Fri *不完全燃焼 / Slade:

« 2013/04/04 Thu *あと二日 / Elkie Brooks | トップページ | 2013/04/07 Sun *夢語りしか、夢語りでも / David Bowie »