« 2013/06/03 Mon *ちいさいなぁ / Stevie Ray Vaughan And Double Trouble | トップページ | 2013/06/06 Thu *処方箋なら / Aerosmith »

2013/06/04 Tue *今からでも遅くはない / The New Cactus Band

20130604sonofcactus


何事にも。
誰にでも。
誤りはある。
間違いだってある。
そうなんだ。

思ってた様には。
考えてた様には。
いかなかった。
ならなかった。
そんな時もある。

予想が外れた。
予測がずれた。
何かが少し違ってた。
何もかもが僅かに異なってた。
そんな事もある。

だから。

今からでも遅くはない。

『Son Of Cactus』'73年リリース。
カクタスの後を引き継いだニュー・カクタス・バンドが遺した唯一のアルバム。
カクタスの後を引き継いだと言っても。オリジナル・メンバーは一人も残っていません。
そう。ティム・ボガートとカーマイン・アピス。重戦車カクタスの心臓たる最強のリズム隊も去ってしまったのです。
ご存じの様にボガートとアピスはジェフ・ベックとベック、ボガート&アピスを結成したのですね。
当然、カクタスも終わりかと思いきや。中途加入の鍵盤奏者デュアン・ヒッチングスが再編を図ったと。
自身以外のメンバーは総とっかえ。アイアン・バタフライやラマタムのメンバーだったマイク・ピネラを引きこんで。
流石にそのままカクタスを名乗るのは気が退けたのか。ニュー・カクタス・バンドと看板を書き換えたと。
ジャケットに象徴される様に。乾いた味わいのある、良質なアメリカン・ロックをやっていて。
それなりに黒さも荒さもあるし。それでいて親しみやすさもあってと。なかなかの好演を聴かせてくれています。
そう。悪くはないんですよ、悪くは。凡百のサザン・ロックやアメリカン・ハード・ロックに比べればね。
でもねぇ。カクタスの名前を使ったらいかんよねと。まんまじゃないにしろ、カクタスってバンド名に入れてちゃね。
それこそ問答無用の怒涛のハード・ロックの傑作だった1stや2ndのサウンドを期待させてしまったら。
演ってるほうも、聴いてるほうも双方にとって不幸だったんじゃないかと。どうしたって比較してしまうもんなぁと。
せめて4thにあったフェイセスを髣髴とさせるものがあればと思うけど。それとも違ってるしねぇ。
惜しいなぁ。このサウンドはこのサウンドでありなんだから。いっその事、名前もまるっきり変えていればねと。
今からでも遅くはない。カクタスの名前はきっぱりと捨てなさいって言ってやりたくなります。大きなお世話ですが。
やっぱりね。カクタスってからにはボガートとアピスでなきゃ駄目なんですよね。これはこれで悪くないけどね。

誤りも。
間違いいも。
絶対にしない者など。
この世の中にはいない。
そうなんだろう。

思った様にはいかない。
考えてた様にはならない。
そんなことなど。
露ほどにも想像もしていなかった。
そんな時もあるだろう。

予想を外したって。
予測がずれたって。
少し違ってただけなんだろう。
僅かに異なってただけなんだろう。
そんな事もあるだろう。

だから。

今からでも遅くはない。

素直に。
認めようじゃないか。
先走りしましたと。
早合点してましたと。
外してしまいましたと。
間違えてしまいましたと。

素直に。
訂正しようじゃないか。
実は。
その。
未だ。
梅雨じゃありませんでしたと。

今からでも遅くはないと思うんだけどなぁ(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2013/06/03 Mon *ちいさいなぁ / Stevie Ray Vaughan And Double Trouble | トップページ | 2013/06/06 Thu *処方箋なら / Aerosmith »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/57539550

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/06/04 Tue *今からでも遅くはない / The New Cactus Band:

« 2013/06/03 Mon *ちいさいなぁ / Stevie Ray Vaughan And Double Trouble | トップページ | 2013/06/06 Thu *処方箋なら / Aerosmith »