« 2013/06/06 Thu *処方箋なら / Aerosmith | トップページ | 2013/06/08 Sat *これしかできない / 上田正樹と有山淳司 »

2013/06/07 Fri *それだけのこと / Guns N' Roses

20130607spaghetti


何を。
そんなに。
複雑に。
難しく。
考えてるのだろう。

ごくごく。
当然に。
普通に。
簡単に。
考えればいいだけのこと。

何も。
奇を衒う必要も。
小難しくする必要も。
飾り立てる必要も。
ありはしない。

真っ当に。
揃えて。
手を加えて。
整える。
それだけのこと。

そう。
それだけのこと。

『"Spaghetti Incident?"』'93年リリース。
ガンズ・アンド・ローゼズによるパンクのカヴァー・アルバム。
パンクと言っても。ハード・ロックもあればグラム・ロックもありで。
要はメンバーが好きなナンバーを好きな様にカヴァーしたと。それだけのアルバム。
それだけ故に。選曲も演奏もアレンジも小難しいことは考えずに。好きだってことだけが基準だったかなと。
その好きだって気持ちがシンプルにストレートに表れていて。なかなかに痛快なアルバムとなっています。
確か。そもそもは『Use Your Illusion Ⅰ&Ⅱ』と同時進行で録音されていたんだったと思いますが。
恐らくは。考え過ぎて、どんどん構想が膨らんで暴走した『Use Your Illusion Ⅰ&Ⅱ』の制作に行き詰って。
そのストレス解消にセッションを始めたら、こっちのが興が乗ってしまって、いいものが出来ちゃったってとこで。
そう。当初はイジー・ストラドリンも参加してた筈ですが。総てギルビー・クラークの演奏に差し替えられています。
それだけが何とも残念かな。どうせならイジーのギターで聴きたかったなと思ってしまうのです。
それを除けば。とにかく。ひたすらカッコいいかな。シンプルにストレートにロックンロールしてますからね。
ガンズ・アンド・ローゼズに望むものなんて。それしか無いじゃないですか。それだからカッコ良かったんだし。
だいたいアクセル・ローズが余計なことをごちゃこちゃと考え出して。下手にアーティスト気取りだしたのがね。
それがガンズ・アンド・ローゼズの失速、崩壊の原因なんですよね。何でですかねぇ。止めときゃいいのにね。
ライヴ・アルバムを除いたら、これが最後の真面なアルバムだもんな。今のはもう別のバンド・・・ですらないし・・・
今更、元には戻れないんだろうけど。このアルバム聴いて思い出して欲しいよな。ロックンロールをさ。
シンプルでストレート。だからこそシャープでスリリング。それだけでいいんですよね。それが難しいんだけど。
このアルバムではダフ・マッケイガンが実に生き生きとしていて。結構ヴォーカルもとってるんですけどね。
その剃刀みたいな切れ味と疾走感がね。いつ針を落としてもゾクゾクさせてくれます。カッコいいよなぁ。

何で。
わざわざ。
複雑に。
難しく。
しようとするのだろう。

ただただ。
当然に。
普通に。
簡単に。
やることやればいいだけのこと。

誰も。
奇を衒ったものを。
小難しくしたものを。
飾り立てられたものを。
望んでなどいない。

真っ当に。
味付けして。
盛り付けて。
食べる。
それだけのこと。

そう。
それだけのこと。

料理だろうが。
何だろうが。
同じこと。
わざわざ。
複雑にして。
難しくして。
時間かけて。
時間だけ浪費して。
どうなると言うのだろう。
なんになると言うのだろう。

せいぜい。
体のいい。
言い訳を思いつくだけ。
見かけ倒しの。
装飾が増えるだけ。
意味もないものに。
取り囲まれて。
進めなくなるだけ。
ブクブクと。
太るだけ。重くなるだけ。

真っ当に。
考えて。
真っ当に。
やるだけ。
それでいい。

そう。
それだけのこと。

なんだけどなぁ・・・



web拍手 by FC2

|

« 2013/06/06 Thu *処方箋なら / Aerosmith | トップページ | 2013/06/08 Sat *これしかできない / 上田正樹と有山淳司 »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/57560194

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/06/07 Fri *それだけのこと / Guns N' Roses:

« 2013/06/06 Thu *処方箋なら / Aerosmith | トップページ | 2013/06/08 Sat *これしかできない / 上田正樹と有山淳司 »