« 2013/06/19 Wed *お願いだから / RCサクセション | トップページ | 2013/06/21 Fri *ニッチ / The Rolling Stones »

2013/06/20 Thu *桃色 / アン・ルイス

20130620thinkpink


思い。
覚めやらず。
未だ。
夢の中。
覚めたくもなく。

その。
思いの内に。
沈んだま。
過ごしてしまおうか。
一日、否、半日でも。

錯覚。
でも。
触れている。
聞こえている。
香っている。

このままで。

『Think Pink』'78年リリース。
どこかで見た様なジャケットが印象に残る、アン・ルイスの2ndアルバム。
歌謡ロック路線で人気を集めたアン。デビューした頃は正統派のアイドルだったんですよね。
「グッバイ・マイ・ラブ」なんて名曲だったし今でも人気の高いと思いますが。
思ったほどにはアイドルとしては売れなくて。何よりも本人の指向とは異なっていた様でと。
それで。徐々に路線を変更し始めて。その最初期に制作されたのがこのアルバムでした。
加瀬邦彦のプロデュースで。その関係からか参加メンバーには当時のジュリーのアルバムと重なるかなと。
何でもアンはデビューする前からジュリーの大ファンだったそうで。それで事務所もナベプロにしたんだとか。
なので。この頃の路線変更もジュリーがお手本だった・・・ジュリーと同じことやりたいってのがあったのではと。
そのルックスも、その歌声も。純歌謡曲向きじゃないですからね。必然でもあったとは思いますが。
何を隠そう。「グッバイ・マイ・ラブ」も好きでしたが。歌謡ロック路線のアンは結構大好きだったんですよね。
惚れ惚れする様なカッコ良さがありましたからね。ベスト・アルバムなんて結構ヘヴィー・ローテーションで。
このアルバムは未だ完全には歌謡ロック路線に振り切れてなくて。ちょっと中途半端な感じもあるのですが。
「湘南の男たち」とか「プリーズ・テル・ミー」とか。なかなかに捨てがたい佳曲もあって。その歌声も。
いい塩梅に力が抜けてて。その抜け具合、ちょっとした緩さに漂うクールな色香に憧れたりしたんだなぁ。
さて。このジャケット。好きなんだけど。もろパクってるなと。裏ジャケなんか一目見たら一発ですけどね。
アンも、加瀬さんも好きだったんだな。判りますよね?'78年に発売されたあのバンドのあのアルバムですね。

思い。
冷めやらず。
今も。
夢の中。
冷める筈もなく。

この。
思いを抱いて。
沈み込むままに。
溺れてしまおうか。
一日、否、半日でも。

幻覚。
でも。
触れている。
聞こえている。
香っている。

このままで。

このままで。
そのままで。
覚めずに。
冷めずに。
桃色。
靄に包まれて。
雲に浮かんで。
ふわふわと。
していられたら。
一日、否、半日でも。

そうもいかない。
そうはいかない。
解ってる。
知っている。
でも。だから。
いま少し。
考えていたい。
思っていたい。
桃色。
微かな吐息と共に。



web拍手 by FC2

|

« 2013/06/19 Wed *お願いだから / RCサクセション | トップページ | 2013/06/21 Fri *ニッチ / The Rolling Stones »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013/06/20 Thu *桃色 / アン・ルイス:

« 2013/06/19 Wed *お願いだから / RCサクセション | トップページ | 2013/06/21 Fri *ニッチ / The Rolling Stones »