« 2013/06/26 Wed *何のためって / Barbara Lewis | トップページ | 2013/06/28 Fri *このひと時を / 沢田研二 »

2013/06/27 Thu *何はともあれ / The Ikettes

20130627finefinefine


何はともあれ。

話がまとまって。
話しがついて。
区切りもついたし。
先へも進めるし。
いいんじゃないかと。

存外に。
土壇場で。
迷走しかかって。
ちょっと苦心したけど。
いいんじゃないかと。

決まってしまえば。
終わり良ければ。
総て良し。
これで一安心。
いいんじゃないかと。

何はともあれ。

『Fine Fine Fine』'87年リリース。
アイク&ティナ・ターナー・レヴューのバック・コーラス兼ダンサー、アイケッツ。
グループとしてのレコーディングも行っていたアイケッツの'60年代の音源を集めた編集アルバム。
アイケッツのアルバムにもかかわらず。ジャケットの中央に鎮座するのはティナってのは如何かと。
まぁ、アイケッツが何者であるかを一目で知らしめてるってことでは効果的なのかな。
しかし。世の中にはアイケッツは4人組でって売り文句をこのアルバムに付けてるレコ屋もあって・・・
アイクがレイ・チャールズ・レヴューのレイレッツを真似したんだから3人でしょがってね。
さて。このアイケッツ。そのメンバーに関しては入れ替わりも激しかった上にまともな記録も無い様で。
このアルバムに収められてるナンバーでも誰が歌ってるのか判然としないものも多いみたいです。
何せツアー用とレコーディング用で別々のアイケッツが存在していた時期もあるらしいので。
更にはアイクのギャラの払いが悪いのと女癖の悪さでメンバーが安定することは無かったと。
常にメンバーのうちの誰かはアイクの愛人だったとかって羨ましい、否、腹立たしい話もあります。
名の知れたメンバーとしてはあのボニー・ブラムレットが顔を黒塗りして参加してたりとか。
後のイミディエイトの歌姫、P.P.アーノルドとか、バネッタ・フィールズやらクローディニア・レディアとか。
モータウンでソロ・アルバムを出すことになるブレンダ・ハロウェイが参加してた時期もあったとか。
当然録音にはアイクも関わっていて。ブルージーなギター聴かせたり、ノベルティな味わいが御機嫌だったり。
金銭や女性に関する問題は別として。その才人振りを再確認できるアルバムでもあります。
で、アイケッツ。そのちょっと下世話に弾ける可愛らしさが堪りません。芸能の匂いもたっぷりで。
何はともあれ。ファイン、ファイン、ファインと。ジャケット見ながら一緒に踊ってしまうのが一番なのです。

何はともあれ。

話はまとめた。
話はつけた。
区切りもつけたし。
先へも進ませたし。
いいんじゃないかと。

存外に。
土壇場まで。
時間がかかって。
ちょっと心配もしたけど。
いいんじゃないかと。

決まったんだから。
終わらせたんだから。
上出来。上出来。
まずは一安心。
いいんじゃないかと。

何はともあれ。

どう転がるか。
どう流れるか。
先のことは。
見えてないが。
わからないが。

まずは。
ひとまずは。
決めた。
終わった。
進んだ。

それで良し。
あぁ、良かったねと。
素敵だねと。
上等だねと。
今夜だけでも。

何はともあれ。

踊ってしまおう!



web拍手 by FC2

|

« 2013/06/26 Wed *何のためって / Barbara Lewis | トップページ | 2013/06/28 Fri *このひと時を / 沢田研二 »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/57687303

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/06/27 Thu *何はともあれ / The Ikettes:

« 2013/06/26 Wed *何のためって / Barbara Lewis | トップページ | 2013/06/28 Fri *このひと時を / 沢田研二 »