« 2013/07/04 Thu *ドカンと / Albert King | トップページ | 2013/07/06 Sat *いい天気の日には / 萩原健一 »

2013/07/05 Fri *覚束なくても / Tommy Tucker

20130705hiheelsneakers


あちらと思えば。
またこちら。
これで決まったと思ったのに。
またあれはどうしたと。
振り回されて。

右なのか。
左なのか。
前なのか。
後ろなのか。
決まる気配もなくて。

どっちへ行くのか。
どうするのか。
いっこうに見えてこなくて。
これじゃ。
足元も覚束ない。

覚束ないなら。
そのまま。
いっそのこと。
このままで。
乗ってみるしかないかもね。

『Hi-Heel Sneakers』'64年リリース。
チェスを、ブルース界を代表する一発屋になってしまったトミー・タッカーのアルバム。
タッカーの名前は知らなくても。「Hi-Heel Sneakers」は聴いたことあるって人、多いのではないかと。
ガッガー・ガッガー・ガッガー・ガッガー♪って2ビートのリズムを耳にたら思い出すのではと。
このご機嫌なナンバー、ビルボードで11位って大ヒットになって。その勢いのまま大西洋を渡って。
ブリティッシュ・ビート勢に多大な影響を与えたと。ジョン・レノンもポール・マッカートニーも大好きで。
もろジミー・リードなナンバーなのでストーンズの連中も聴いてただろうし。そしてそしてザ・フー。
「My Generation」はその影響下にあるし。映画『さらば青春の光』にも印象的なシーンがあって。
モッズの溜まり場のクラブで箱バンがこのナンバー演奏してモッズの連中が踊ってるんですよね。
あのシーンには痺れたなぁ。モッズの御用達、愛聴のナンバーだったんでしょうね。いいセンスだな。
このジャケットでタッカーと踊ってる女性が履いているのがヒールのあるスニーカー、ハイ・ヒール・スニーカー。
勿論、架空のしろものですが。イギリスではその架空の靴をジャケットにしたシングル盤も作られました。
(ずっと探してるんですけどね。未だに現物にはお目に掛れずじまいです。欲しいんだけどなぁ・・・)
しかし。実際に履いたらどうなんですかね。履き心地悪そうだし、足元ふらついて覚束なさそうで。
だってね。革靴じゃなくて。スニーカーにピンヒールですからね。バランスとれなくてぐらつきそうですけどね。
「Hi-Heel Sneakers」以外のナンバーでは影響を受けたと言うレイ・チャールズに通じる感覚があって。
タッカー、本来はブルースよりもソウルやR&Bの人だったんだなと感じます。いい味出してますが。
やっぱり「Hi-Heel Sneakers」に尽きるかな。同路線の「Long Tall Shorty」は隠れた名曲かもですね。

あっちだって言ったのに。
こんどはこっちで呼んでるし。
これは無しだって決まってたのに。
いつのまにか復活してるし。
揺れに揺れて。

真直ぐなのか。
曲がるのか。
進むのか。
立ち止まるのか。
決断は誰もしなくて。

何がしたいのか。
どうしたいのか。
いっこうに感じられなくて。
これじゃ。
足元も覚束ない。

覚束ないなら。
そのまま。
いっそのこと。
このままで。
ながれてみるしかないかもね。

考えても。
悩んでも。
揺れに揺れて。
振り回される。
何がしたいのか。
どうしたいのか。
誰も決断しないから。
決まるはずもない。

ならば。
覚束ないまま。
踊ってみるかね。
覚束なくても。
踊り続けるかね。
ふらつこうが。
ぐらつこうが。
バランス悪かろうが。

覚束ないまま。
覚束なくても。
踊ってしまえば。
リズムさえとってしまえば。
それがそのまま。
案外と。
上手いこと乗っていければ。
それでいい。

覚束なくても。
取敢えず。
ダンス!



web拍手 by FC2

|

« 2013/07/04 Thu *ドカンと / Albert King | トップページ | 2013/07/06 Sat *いい天気の日には / 萩原健一 »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/57738947

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/07/05 Fri *覚束なくても / Tommy Tucker:

« 2013/07/04 Thu *ドカンと / Albert King | トップページ | 2013/07/06 Sat *いい天気の日には / 萩原健一 »