« 2013/07/06 Sat *いい天気の日には / 萩原健一 | トップページ | 2013/07/08 Mon *噂は本当だったかな / Nilson »

2013/07/07 Sun *Summer Comes / キャンディーズ

20130707summercomes


梅雨明け。
陽射し強く。
気温高く。
もう。そう。
本格的に。
夏なんだな。

眩しいな。
熱いな。
蒸すな。
汗がひかないな。
冷たい水が美味しいな。
夏なんだな。

特に。
好きな訳じゃ無い。
どちらかと言えば。
苦手で。
でも。何故か。心弾む。
夏なんだな。

『夏が来た!』'76年リリース。
キャンディーズの7枚目のオリジナル・アルバム。
オリコン5位まで上がった「夏が来た!」をフュチャーしたアルバム。
「春一番」の次が「夏が来た!」とは流石に安直だろって声が当時あったとか。
実は「夏が来た!」は当初キャンディーズではない他の誰かに書かれたナンバーだったんだとか。
なるほどねと。そうだったのかと。確かに安直だもんなと。今ではキャンディーズの代表曲ですけど。
一部ではムーンライダースの参加が話題になったんだとか。そんなこと、どうでもいいんですけどね。
キャンディーズですからね。ミキちゃん、ランちゃん、スーちゃんの歌声に酔いしれるのみです。
A面頭の2曲が、スリー・ディグリーズを思わせる様な歌謡ディスコ路線で。おっと思わされたところで。
そこで。「夏が来た!」がくると。この流れ、展開がいいんですよね。もう、堪りません。
こんな不思議な出来事があっていいものかと思う~♪って。キャンディーズに歌われたら、もう、ね。
思わず。う~らんらら~♪と一緒になってコーラスしようってものです。日本を代表するサマー・ソングです。
アルバム全体も夏を意識しているので。ボサノバ、サンバ、レゲエと。それらしい曲調のナンバーもあって。
果敢に挑んで、見事に歌いこなしているところにキャンディーズの技量の確かさが表れています。
かと思えばエレキ歌謡なナンバーも、期待通りにそれらしく歌ってちょっと悲しげな懐かしさを醸し出してと。
爽やかに弾けてて。ふと過ぎる翳りや哀愁に密やかな色気もあって。なんとも魅力的です。好きなんです。
蒸し暑い夏の日には。暑苦しいロックよりも、ついついキャンディーズのアルバムに手が伸びます(笑)。
それにしても。このジャケットでもミキちゃんのなんと美しく、可愛らしいことか。いいねと。
裏ジャケでも、インナーでも一番いい表情してます。はい、そうです。何の迷いもなく昔からミキちゃん派です!

黒雲にわかに。
遠雷が聞こえたら。
夕立通り過ぎる。
もう。そう。
本格的に。
夏なんだな。

雨あがり。
打ち水程度。
少しは。
涼しい気もするけれど。
体の渇きは治まらない。
夏なんだな。

別に。
待ってた訳じゃ無い。
やり過ごせるものなら。
それでもいい。
でも。何故か。心惹かれる。
夏なんだな。

熱気の中。
陽射しの中。
息づくものに。
心弾み。
過ぎゆくものに。
心震える。

夏なんだな。
もう。そう。
今年も。
本格的に。
夏なんだな。
夏が来た!



web拍手 by FC2

|

« 2013/07/06 Sat *いい天気の日には / 萩原健一 | トップページ | 2013/07/08 Mon *噂は本当だったかな / Nilson »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013/07/07 Sun *Summer Comes / キャンディーズ:

« 2013/07/06 Sat *いい天気の日には / 萩原健一 | トップページ | 2013/07/08 Mon *噂は本当だったかな / Nilson »