« 2013/07/13 Sat *衝動 / Otis Rush | トップページ | 2013/07/15 Mon *蓄積 / The Kinks »

2013/07/14 Sun *肖像 / Cream

20130714creamportraite


一人の。
二人の。
皆の。
その瞬間の。
肖像。

誰かの。
誰もの。
誰かと誰かの。
ある瞬間の。
肖像。

交わるはずも。
重なるはずも。
無かった筈なのに。
何故か。
どうしてか。

いつの間にか。
交わり。
重なり。
集っている。
そんな。
この瞬間の。
肖像。

『Portrait Of Cream』'73年リリース。
日本独自編集のクリームのベスト・アルバム。
ポリドールが企画したポートレーート・シリーズの一枚。
額縁を模したジャケットが売り(?)だったみたいです。色々と考えるものですね。
エリック・クラプトンのSGとジャック・ブルースのベースのペイント、造花で飾られたステージ。
サイケデリックな時代ならではのポートレートが印象に残ります。
同じカットが「Sunshine Of Your Love」のシングル盤にも使われていましたが。
そこはアルバム・サイズだと、よりその魅力が伝わるところではあります。
内容は米国編集の『Best Of Cream』と曲順もまるっきり同じ全10曲収録となっています。
どうせなら。選曲も日本独自に変えるなり、追加すれば良かったのにと思いますが。
「Sunshine Of Your Love」で始まって、「I Feel Free」で終わるまで。
「Badge」も「Crossroads」も「White Room」も入ってるし。王道の、厳選された10曲で。
また曲順も、妙にしっくりくるので。手の出しようが無かったのかもしれませんね。
クリームはオリジナル・アルバムに針を落とす機会が多くて。あまりベスト・アルバムとか聴かないのですが。
確かに、この程度のヴォリュームが代表曲をまとめて聴くには良いのかも。
キャッチーなナンバーもあるとは言え。やっぱり基本的にヘヴィーなサウンドですからね。
このサイケな肖像。クラプトンはどう思ってるのか。一時はかなりクリーム時代の自らを否定していましたが。
いつのまにか普通にライヴでやってるし。数年前にはついに再結成ライヴまでやってましたからね。
長い道程、長い時間を経て。過去の肖像も受け入れて。いまの肖像を描ける様になったのかもですね。

一人が。
二人に。
皆に。
その瞬間の。
肖像。

誰かが。
誰かと。
誰もが誰かと。
ある瞬間の。
肖像。

交わることは。
重なることも。
定められたかの様に。
何故か。
どうしてか。

ごく当たり前に。
交わり。
重なり。
集っている。
そんな。
この瞬間の。
肖像。

一人が。
笑ってる。
二人で。
笑ってる。
皆が。
笑ってる。
この瞬間の。
肖像。

捉えておこう。
描いておこう。
いま。
これから。
そして。
受け入れた。
いつかも。
逃すことなく。

今夜の。
このひと時の。
一人の。
二人の。
皆の。
肖像。
好きなんだな。



web拍手 by FC2

|

« 2013/07/13 Sat *衝動 / Otis Rush | トップページ | 2013/07/15 Mon *蓄積 / The Kinks »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/57800174

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/07/14 Sun *肖像 / Cream:

« 2013/07/13 Sat *衝動 / Otis Rush | トップページ | 2013/07/15 Mon *蓄積 / The Kinks »