« 2013/07/22 Mon *向う側へ / The Doors | トップページ | 2013/07/24 Wed *どちら側 / Blue Cheer »

2013/07/23 Tue *歌ってよ / Janis Joplin

20130723pearlusoriginal


歌ってよ。
何でもいいよ。
ただ。
歌って欲しいんだ。
ただ。
聴いていたいんだ。

どうしたって?
どうもしないさ。
いつもと同じさ。
ただ。
少しだけ。
欠けているんだ。

その。
欠片が。
刺さったまま。
抜けないまま。
それが。
疼いてしかたないんだ。

だから。
歌ってよ。

『Pearl』'71年リリース。
ジャニス・ジョプリンの遺作となったアルバム。
レコーディングが完了する前に亡くなって。アカペラのナンバーあり、インストになってしまったナンバーもあり。
それが何のハンデにもならず。間違いなくジャニスのアルバムとしては最高傑作に相応しい出来になっている。
ジャニスの歌声の凄さ・・・だけでなく。フル・ティルト・ブギーバンドの技術力の高さと強い結束力も見事で。
更に。ドアーズでお馴染、ポール・ロスチャイルドのプロデュースがジャニスの新たな魅力を引き出してるかな。
パワフルでエモーショナルでソウルフルで。そしてこのアルバムのジャニスの歌声は凛として美しいんですよね。
自らのエネルギーや、思いや感情。そんなものを持て余して。それがそのまま歌声にも表れいたジャニスです。
それが魅力で。その溢れっ放しの歌声に惹きつけられているのですが。時にはあまりにも刺さり過ぎて。
聴くのが辛くなる時もあって。だってね。聴いてるうちに、自分も色々と溢れないではいられなくなるので。
なかなか針を落とす気になれないこともあるのです。大好きだけど、恋に落ちてるけど、でも、ちょっとさとね。
なのに。不思議なことに。身勝手なことに。どうしても、何が何でも。何でもいいから聴きたくなる時もあって。
御免。俺が悪かった。頼むから。歌ってよ、聴かせてよ。そうじゃないと、駄目なんだ。もうどうしようもないんだと。
そんな夜がね、周期的に、それもわりと短い周期でやってくるので。全くもって手におえなかったりするのですが。
そんな時、自分が先に溢れちゃってる夜には、このアルバムに針を落とすことが多いのです。
このアルバムのジャニスは、持て余してなくて、溢れっ放しでもなくて。伝える術、包み込む術を知ったので。
だから。パワフルでエモーショナルでソウルフル。それは変わることなく。その上で美しく、凛としてあるので。
抱きしめて、抱きしめられて。包み込まれて。引きずりあげられて。救われるのです。そう、救われるんですよね。
ジャニスじゃなきゃ、このアルバムじゃなきゃ、駄目な時、駄目な夜、駄目なものが確かにあるのです。
そこまで惚れこんでしまった代償も大きいけれど。より深く愛したものはより深く罰せられるからなぁ・・・
Freedom's Just Another Word For Nothing Left To Lose~♪

歌ってよ。
何でもいいから。
ただ。
歌って欲しいんだ。
ただ。
聴いていたいんだ。

どうしたって?
どうもしないさ。
いつもと同じさ。
ただ。
少しだけ。
満ちていないんだ。

その。
隙間が。
空いたまま。
埋められないんだ。
それに。
誘われてしかたないんだ。

だから。
歌ってよ。

歌ってよ。
他じゃ駄目なんだ。
ここで。
歌って欲しいんだ。
ここで。
聴いていたいんだ。

歌ってよ。
誰かじゃ駄目なんだ。
貴女に。
歌って欲しいんだ。
貴女を。
聴いていたいんだ。

貴女を。
抱きしめたいんだ。
貴女に。
抱きしめられたいんだ。
貴女に。
包まれたいんだ。

抜けなくなる前に。
埋められなくなる前に。
疼きが抑えられなくなる前に。
誘いに抗えなくなる前に。
傍らで。
歌って欲しいんだ。

歌ってよ。



web拍手 by FC2

|

« 2013/07/22 Mon *向う側へ / The Doors | トップページ | 2013/07/24 Wed *どちら側 / Blue Cheer »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/57859023

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/07/23 Tue *歌ってよ / Janis Joplin:

« 2013/07/22 Mon *向う側へ / The Doors | トップページ | 2013/07/24 Wed *どちら側 / Blue Cheer »