« 2013/07/25 Thu *単純明快 / Keith Richards | トップページ | 2013/07/27 Sat *こんな夜だから / Ronnie Wood »

2013/07/26 Fri *教えて下さい / Mick Jagger

20130726goddessinthedoorway


教えて下さい。

なんで。
どうして。
いまでも。
そんなに。
元気なんですか。

なんで。
どうして。
いまでも。
そんなに。
カッコいいんですか。

なんで。
どうして。
いまでも。
そんなに。
胸躍らせてくれるんですか。

まるで。
なにもののかと。
取引でも。
したかの如く。
衰えを知らない。

教えて下さい。

『Goddess In The Doorway』'01年リリース。
相変わらず豪華なゲストを迎えたミック・ジャガーの4thソロ・アルバム。
このアナログ盤では2枚組、全12曲に渡ってその魅力が十分に堪能できます。
聴いてると。ストーンズではやり切れない、表現し切れない。そんなものがいっぱいあるんだなと。
その欲求を定期的に満たさないことには、解消しないことには。どうにもならないんだろうなと。
そんなミックの業みたいなものを感じます。欲求、好奇心、探究心。飽くことないんでしょうね。
だからこそ。いまだに。いつまでも。衰えることを知らないのでしょうか。タフですよね。
普通。どこかで。もういいかとか、まぁ、いいかとかってなりますよね。それがないんですよね。
それらが、ストーンズだけに向かわないで。外へも向かうところがミックをミック足らしめてるのかな。
それが、キースにとっては面白くないんだろうなぁ(苦笑)。キースの気持ち、危惧は正しいよなぁ。
だってね、これだけの完成度、普遍性、そして時代と対峙してる新しさ。超一流の作品ですからね。
キャリア何十年にしてこれをやれるってところ。そのセンスと凄みがミックの魅力です。
やはり。只者ではありません。それこそなにものかと取引して手に入れたんじゃないかってくらいですね。
ただね。完成度とか、普遍性とか・・・それだけが総てじゃないからロックンロールは面白いんですよね。
そのロックンロールの面白みがね。どうしてもミックのソロ・アルバムには足りないんですよね。
真面目過ぎ、詰め込み過ぎ、余裕見せ過ぎ。何かにつけてちょっと過剰なんですよね。
隙間もなきゃ、息苦しいんですけどね。だから、やっぱりミックにはストーンズ、キースが必要なんだと思うのです。

教えて下さい。

なんで。
どうして。
いつまでも。
そんなに。
歌えるんですか。

なんで。
どうして。
いつまでも。
そんなに。
動けるんですか。

なんで。
どうして。
いつまでも。
そんなに。
胸熱くさせてくれるんですか。

まるで。
なにもののかと。
取引でも。
したかの如く。
衰えとは無縁で。

教えて下さい。

何処で。
誰と。
取引したら。
貴方の様に。
なれるのでししょうか。

いまでも。
いつまでも。
衰えを知らずに。
身も心も。
維持できるのでしょうか。

扉の向こう側の。
女神を。
振り向かせるには。
どうすればいいのですか。
何を囁けばいいのですか。

ミック。
奇跡の70歳。
まったくもって。
恐れ入ります。
お誕生日おめでとうございます!



web拍手 by FC2

|

« 2013/07/25 Thu *単純明快 / Keith Richards | トップページ | 2013/07/27 Sat *こんな夜だから / Ronnie Wood »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/57877003

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/07/26 Fri *教えて下さい / Mick Jagger:

« 2013/07/25 Thu *単純明快 / Keith Richards | トップページ | 2013/07/27 Sat *こんな夜だから / Ronnie Wood »