« 2013/07/30 Tue *かくの如く / Gladys Knight & The Pips | トップページ | 2013/08/01 Thu *八番目の / J.J. Cale »

2013/07/31 Wed *甘~い甘~い / The Sweet Inspirations

20130731sweetsformysweet


甘い。
甘い。
蜜の味。
このひと時。
この時間。

何も。
考えず。
何も。
意識せず。
ただ過ごす。

偶にしか。
訪れない。
稀にしか。
巡り会えない。
かけがえのない時間。

だから。
逃さずに。
漏らさずに。
このひと時を。
この時間を。

味わおう。

『Sweets For My Sweet』'69年リリース。
アトランティック・ソウルを代表する女性コーラス・グループ、スウィート・インスピレーションズ。
ゴスペルをルーツとしたその歌声とハーモニーがどこまでもソウルフル、そしてスウィートに迫ってきます。
マッスル・ショールズの腕利き達によるバック・アップ、名匠トム・ダウドによるプロデュースも味方にして。
その実力、その魅力を遺憾無く発揮しているスウィート・インスピレーションズ、素晴らしいの一言に尽きます。
実は、このアルバムを最後に中心メンバーだったシシー・ヒューストン(ホイットニーのお母さん)が脱退して。
新しいメンバーを加えて。フィリー・ソウルに接近して。それ以降も活躍はしましたが。別のグループみたいで。
このアルバムまでが、ソウルフルでスウィートな、自分にとっての宝物のスウィート・インスピレーションズです。
さて。とにかく。針を落として。演奏が始まって。そして歌いだされる。その最初の一声、それだけで、もう。
その溢れ出すものに、全身に震えが走ります。その滲み出るものに、間違いのない本物を感じるのです。
その歌声を耳にすると、その歌声の前では。もう正直でいるしかない、自分の心を曝け出すしかない。
そんな気持ちにさせられるのです。どんなに頑張っても、虚勢を張っていても。素の自分が出てきてしまうのです。
この歌声の力、それがゴスペルに由来するものなのかな。無神論者ですが思わず何かが見えそうになるかな。
それは大袈裟だとしても。歌声には、歌には特別な力が宿る瞬間あると、そんなことを確信させてくれます。
確信したら。もう。何も考えず、何も意識せず。ただその歌声に身も心も任せてしまえばいいと。それでいいと。
それが許される、許してくれるこのアルバム、スウィート・インスピレーションズ。好きにならずにいられません。
このアルバムと共に過ごす、ひと時、その時間。それは間違いなく自分にとっては至福の時なのです。

甘い。
甘い。
蜜の味。
このひと時。
この時間。

何も。
考えず。
何も。
意識せず。
ただ浸る。

やっと。
訪れた。
やっと。どうにか。
巡り会えた。
代わるもののない時間。

だから。
捉えたら。
離さずに。
このひと時を。
この時間を。

楽しもう。

甘い。
甘い。
蜜の味。
このひと時。
この時間。

その為に。
ほんのひと時。
その時間。
それだけの為に。
それなりに。

やり過ごしたり。
闘ったり。逃げたり。
巡り会う様に。
捉える様に。
離さなぬ様に。

やってきたんだ。
してきたんだ。
だから。
味わっていたい。
楽しんでいたい。

甘い。
甘い。
蜜の味。
このひと時。
この時間。

次は。
いつ。
訪れるのか。
巡り会えるのか。
まったくなぁ。
このまま。
終わらなければいいのにな。
甘~い。
甘~い。
蜜の時。



web拍手 by FC2

|

« 2013/07/30 Tue *かくの如く / Gladys Knight & The Pips | トップページ | 2013/08/01 Thu *八番目の / J.J. Cale »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

暑中お見舞い申し上げますhappy01

なんて素晴らしいジャケットsign03堪らん(笑)アナログで欲しくなるね。

投稿: イトう | 2013-08-05 20:04

どうも。暑中お見舞い申し上げます。
そう。このジャケも好きなんですよ。
やはりアナログ盤はいいですね!

投稿: TAC | 2013-08-05 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/57916167

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/07/31 Wed *甘~い甘~い / The Sweet Inspirations:

« 2013/07/30 Tue *かくの如く / Gladys Knight & The Pips | トップページ | 2013/08/01 Thu *八番目の / J.J. Cale »