« 2013/08/05 Mon *掻き集め、寄せ集め / The Rolling Stones | トップページ | 2013/08/07 Wed *王道 / Free »

2013/08/06 Tue *夏が来れば思いだす / Rod Stewart

20130806atlanticcrossingukorg


大人にもさ。
夏休みくらいさ。
あってもいいと。
思うんだけどな。
この暑さじゃ。

どうせ。
仕事になんか。
なりゃしないんだし。
ならば。いっそのこと。
今月いっぱい休みにしちゃえばいいのにと。

ぼんやりと。
窓の外の。
青い空と白い雲を。
眺めていたら。
浮かんでくる。蘇ってくる。

夏が来れば思いだす。

あの時も。
教室の一番後ろで。
窓の外を眺めてた。
空は青くて。雲は白くて。
教師の声は子守唄。

夢うつつ。
つつかれて。
寝ぼけ眼を擦ったら。
隣のあの娘が笑ってた。

『Atlantic Crossing』'75年リリース。
ロッド・スチュワートの6枚目にして初のアメリカ録音となったアルバム。
アルバム・タイトル通りに、ジャケットの如く大西洋を超えてアメリカへと渡ったロッド。
この時点では未だフェイセズに在籍はしていたものの。既に次を見据えていたのは確かかな。
このアルバムからロック・スター、ロッドの歩みが始まったとも言えるアルバムです。
イギリス時代はフェイセズのメンバーを中心とした気心の知れた顔ぶれが録音に参加していましたが。
マッスル・ショールズなどでも録音されたこのアルバムではその顔ぶれも一新されて。
マッスル・シヨールズのつわもの達を始め、スティーブ・クロッパー、ドナルド・“ダック”・ダン、アル・ジャクソン。
そしてジェシ・エド・デイヴィスなどが新大陸に一歩を記したロッドをその懐の深いサウンドでサポートしています。
プロデューサーのトム・ダウドの人選だったのかな。豪華だけど渋く味のある面子。流石の人選です。
それに支えられて、従えて。あの歌声でソウルフルに歌い上げるロッド。アップ・テンポでもスローでも。
このアルバム。A面がFast Sideとしてロックンローラーとして、B面がSlow Sideとしてバラーディアーとして。
ロッドのそれぞれの面での魅力を際立たせて聴かせる構成になっているのも実になんとも絶妙なのです。
絶妙と言えば相変わらずカヴァーの選曲も見事で。「Drift Away」「I Don't Want To Talk About It」ときて。
「It's Not The Spotlight」「This Old Heart Of Mine」そして「Sailing」ですからね。いやはやなんとも。
どのナンバーも見事にロッドの歌になっています。この解釈力と表現力の豊かさもロッドの魅力なのです。
イギリス時代の哀感みたいなものが薄れつつあるのが寂しくはありますが。それでも問答無用に魅せられます。
ある種の音楽、歌声には一瞬にして、出会った時、蜜月だった頃の景色や空気や匂いを蘇らす力がありますが。
自分にとっては、このアルバム、このロッドの歌声にも、そんな力が宿っているのを確かに感じるのです。

やっぱりさ。
大人にも夏休みは。
あってしかるべきだと。
思うんだけどな。
この暑さだし。

どうせ。
本当に急ぎの。
仕事なんて実はないんだし。
ならば。いっそのこと。
夏の間くらいは休みにしちゃえばいいのにと。

ぼんやりと。
窓の外の。
輝く陽光に。
目を細めてたら。
浮かんでくる。蘇ってくる。

夏が来れば思いだす。

あの時も。
机に腰掛けて。
窓の下を眺めてた。
下校する連中が歩いてる。
友達の話はうわの空。

あっちかな。
こっちかな。
目を凝らしてたら。
あの娘が一人で歩いてた。

鞄を引っ掴んで。
階段を駆け下りて。
運動靴を引っ掛けて。
先回りして校門へ。
息を整えて。落ち着け。落ち着け。

よ、よう。
あれ。
帰るの?
うん。
じゃ一緒にさ。
家、反対じゃない?
いや、ほら。友達んとこ寄るんだ。
ふーん。

並んで歩き出す。

あ、あのさ。
なに?
さっきはありがとな。
あぁ、あれね。
また、叩かれるとこだったよ。
よく、寝てるよね。
だってさ、退屈じゃない?
そうだけど。それにしてもねぇ。

くすくすと笑ってる。

あ、あのさ。
なに?
いや、その。なんだかさ。
だからなに?
あ、暑いよな。
夏だもん。
夏休みに補習なんて最悪だよな。
受験だからね。でもつまんないね。

肩と肩が触れそうで。

あ、あのさ。
変なの。
えっ?
さっきから、あのさ、ばっかり。
いや、そ、そうかな。
あぁ、このまま夏休みも終わりかな。
そ、そうだ、こんどさ。

私、こっちだから。またね。

笑顔に手を振って。
駆け出した背中を見送って。
はぁ、また言えなかったじゃん。
この辺に友達なんていないんだよ。
家までは・・・ずいぶん遠いよな・・・

夏が来れば思いだす。

あの娘の。
笑顔。
笑い声。
隣に会った肩。
見送った背中。
駆けていく後ろ姿。
跳ね上がるスカートの裾。
白い脹脛。

浮かんでくる。蘇ってくる。
あの歌声が聴こえてくる。

大人にも夏休み下さい!



web拍手 by FC2

|

« 2013/08/05 Mon *掻き集め、寄せ集め / The Rolling Stones | トップページ | 2013/08/07 Wed *王道 / Free »

001 British Rock」カテゴリの記事

010 Faces」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/57948472

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/08/06 Tue *夏が来れば思いだす / Rod Stewart:

« 2013/08/05 Mon *掻き集め、寄せ集め / The Rolling Stones | トップページ | 2013/08/07 Wed *王道 / Free »