« 2013/08/07 Wed *王道 / Free | トップページ | 2013/08/09 Fri *宵越し / Ian Hunter »

2013/08/08 Thu *誰だろう?誰かしら? / The Who

20130808thewho


で。
本当のところ。
必要なのは。
誰だろう?
誰かしら?

よく。
考えて。
選ばないとね。
肝心要だからね。
失敗できないし。

でも。
ハードル上げ過ぎて。
誰も来ないんじゃ。
それはそれで。
根本的に困るし。

スペックと。
懐事情と。
バランスと。
市場競争力と。
いろいろ考慮して。

で。
本当のところ。
必要なのは。
誰だろう?
誰かしら?

『The Who』'68年リリース。
ザ・フーのオランダで編集されたアルバム。
所謂ヒット曲は「I'm A Boy」が収録されているのみで。
初期の知る人ぞ知る名曲、名演集と言った趣が強いアルバムです。
ピート・タウンゼンド以外の3人のメンバーによるナンバーやカヴァーも収められていて。
ピートによるナンバーがやはり素晴らしいものの、それぞれの個性が感じられて面白いです。
リリカルなピート、ダークなジョン・エントウィッスル、キッチュなキース・ムーン、ヤンキーなロジャー・ダルトリー。
ヒット曲であるとか、ないとかに関係なく。本当に捨て曲、駄曲ってのとは無縁だったのだなと思わされます。
唯一のカヴァーである「Heatwave」の疾走感からはその高い演奏能力も十分に伝わってくるし。
ピート、ジョン、キース、ロジャー。この4人は本当に適材適所、奇跡的な組み合わせだったのだと感じます。
伝説によると。キースは、俺の方が上手く叩ける、バンドに合ってると豪語して。他の3人の前でぶっ叩いて。
オリジナル・メンバーだったドラマーの位置を奪ったってことですが。それも頷けるよなと。
他の誰でもない。ザ・フーのドラマーはキースしかいないんですよね。ケニー・ジョーンズも違ったし。
ザック・スターキーも頑張ってるけど。やっぱりねと。ミッチ・ミッチエルなんかはタイプが似てる気もしますが。
ピート、ジョン、キース、ロジャー。この4人こそがザ・フーなんですね。なんのかんので活動再開してますが。
ピートの中ではキースの死と共に終わってるんだろうなと。勿論、今のライヴも素晴らしいんですけどね。
どこかにピートの諦念を感じるのは感傷的に過ぎるのかな。ロジャーは・・・あまり考えて無さそうだけど(苦笑)。

で。
実際のところ。
必要なのは。
誰だろう?
誰かしら?

よく。
慮って。
入れないとね。
肝心要になるからね。
失敗は許されないし。

だから。
譲れない線は引かないとね。
誰でもウェルカムってのは。
それはそれで。
根本的にあり得ないし。

スペックと。
懐事情と。
バランスと。
市場競争力と。
いろいろ考慮して。

で。
実際のところ。
必要なのは。
誰だろう?
誰かしら?

適材適所。
足りないところを補完して。
欲しいところを補強して。
組合せによる効果も期待して。
奇跡が生まれる様にと。

そうは。
なにもかも。
上手くいかなかも。
知れないが。
目指すところは変えられないから。

誰だろう?
誰かしら?
焦らず。
機を逃さず。
見つけよう!



web拍手 by FC2

|

« 2013/08/07 Wed *王道 / Free | トップページ | 2013/08/09 Fri *宵越し / Ian Hunter »

001 British Rock」カテゴリの記事

012 The Who」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/57972245

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/08/08 Thu *誰だろう?誰かしら? / The Who:

« 2013/08/07 Wed *王道 / Free | トップページ | 2013/08/09 Fri *宵越し / Ian Hunter »