« 2013/08/15 Thu *草臥れても / Teardrops | トップページ | 2013/08/17 Sat *装着 / T.Rex »

2013/08/16 Fri *この夏の憂鬱 / RC サクセション

20130816covers


ねぇ。
聞いておくれよ。
もう。
大変なんだな。
困ったもんなんだな。

ねぇ。
そう思うだろう。
もう。
馬鹿みたいに暑いし。
何もかも面倒になるし。

ねぇ。
それだけじゃなくてさ。
そう。
あっちでも。こっちでも。
嫌な風が吹き始めてるじゃないか。

ねぇ。
そう思わないか。
ほら。
あっちからも。こっちからも。
このままじゃ息がつまりそうじゃないか。

この夏の憂鬱。

『Covers』'88年リリース。
一旦は素晴らしすぎて発売を見送られたRCサクションのカヴァー・アルバム。
いつの世も。真に素晴らしい表現ってのは“ある種”の人々には脅威足りえるのですね。
発売中止の広告が載った朝刊を目にした時のことは未だに鮮明に覚えています。
そこから大騒動になって。古巣であるキティの英断で無事に発売されたものの清志郎の怒りは収まらず。
後に『コブラの悩み』としてリリースされた野音に居合わせましたが。清志郎の怒りのパワーは凄まじかったです。
RC、清志郎のライヴはそれなりの回数観ていますが。やっぱりあの野音が今でも一番強烈に焼き付いてます。
おかしいなと思ったら、間違ってるなと思ったら。そのままにしちゃいけない、黙ってちゃいけないんだと。
理不尽な思いをさせられたり、潰されそうになったら。引き下がっちゃいけない、闘わなくちゃいけないんだと。
そんな真っ当で、当たり前で。大切で。でもその実。勇気のいることを清志郎は身を以て教えてくれたのです。
あまりにも。反核、反原発のイメージが独り歩きする様になってしまって。カヴァー・アルバムとしての魅力が。
清志郎の豊かな想像力や、詩の素晴らしさが。限られた範囲でしか語られないきらいがあるのは残念ですが。
それだけ。このアルバムでの清志郎の歌の力が如何に大きかった証でもあるのでしょうね。
逆説的に言えば。「ラヴ・ミー・テンダー」も「サマータイム・ブルース」も歌われなくなる、忘れ去られてしまう。
そんな時代が来ること、そんな世界を作ること。それこそが理想なのでしょうが。それはまだまだ遠い未来で。
まだまだ歌い継いでいかなきゃならないみたいで。その事に。時に絶望して諦めてしまいたくもなるのですが。
この夏の熱気の中。嫌な風を感じる度に。それじゃ駄目だと。敵わないまでも諦めたらそこで終わりなんだと。
このアルバムに針を落として。清志郎に、ボスに背中に蹴りを入れてもらっているのです。
自分も限られた範囲で語ってしまったな。当然。最高に御機嫌なRCのロックンロール・アルバムでもあります。

ねぇ。
止めにしちゃおうか。
もう。
大変だしさ。
どうにも困っちゃったし。

ねぇ。
そう思うだろう。
もう。
この暑さは殺人的だし。
何もかも億劫になるし。

ねぇ。
それだけじゃなくてさ。
そう。
あっちでも。こっちでも。
嫌な空気が支配し始めてるじゃないか。

ねぇ。
そう思わないか。
ほら。
あっち見ても。こっち見ても。
袋小路で逃げ道なんか無いんじゃないか。

この夏の憂鬱。

あのさ。
これでもさ。
それなりに。
俺なりには。
頑張ってきたんだ。

なんとかさ。
それでもさ。
震える膝に力を込めて。
立ち向かってきたんだ。
闘ってきたんだ。

でもさ。
もうさ。
暑さの中で。
立眩みがするんだ。
頭痛が治まらないんだ。

嫌な風に吹かれて。
嫌な空気に包まれて。
寄ってしまいそうなんだ。
巻かれてしまいそうなんだ。
諦めてしまいそうなんだ。

この夏の憂鬱。

こいつは。
ちょいとばかり。
しつこくて。
手強くて。
挫けてしまいそうで。

それでも。
なんとか。
両膝に手をついて。
顔を上げて。
目を逸らさずに、機を窺ってる。

この夏の憂鬱。

諦めるわけにはいかないからさ!



web拍手 by FC2

|

« 2013/08/15 Thu *草臥れても / Teardrops | トップページ | 2013/08/17 Sat *装着 / T.Rex »

005 Japanese」カテゴリの記事

017 RC サクせション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/58016532

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/08/16 Fri *この夏の憂鬱 / RC サクセション:

« 2013/08/15 Thu *草臥れても / Teardrops | トップページ | 2013/08/17 Sat *装着 / T.Rex »