« 2013/09/01 Sun *バスに揺られて / Bob Marley & The Wailers | トップページ | 2013/09/03 Tue *和の彩 / Steely Dan »

2013/09/02 Mon *辺土から / Jimmy Cliff

20130902thebestofjimmycriff


ここから。
この場所から。
眺めながら。
考えてみる。
思ってみる。

何が。
起きているのか。
起こされているのか。
そして。それは。
そのままの姿で見えているのか。

起こっていること。
見えていること。
どんな意味を持つのか。
何を語るのか。
それは何処へと向かっているのか。

遠く。
喧騒から。
群衆から。
離れて。
辺土から。

『The Best Of Jimmy Cliff』'78年リリース。
'75年に英国でリリースされた同名、同ジャケットの2枚組アルバム。
そこから独自に12曲を選曲して1枚ものに編集された日本独自のジミー・クリフのベスト・アルバム。
なんで3年遅れてと思ったら。この年に映画、『ハーダー・ゼイ・カム』が日本初公開されて。
そしてジミーの初来日公演もこの年だったんですね。それで急遽売り出しに力を入れたと。
でもレゲエは日本では未だマイナーだったので。2枚組、20曲は多すぎるだろうってことだったのかな。
ボブ・マーリーの初来日が翌'79年ですからね。まだまだ日本ではレゲエの黎明期だったんでしょうね。
今の様な市場になったのって。'90年代以降かなって思うんですけど。どうなのかな。
自分がジミーを知ったのは『ハーダー・ゼイ・カム』がリヴァイヴァルされた'80年代の初期だったかな。
映画のサントラ、『The Harder They Come』聴いて。『In Concert』ってライヴ・アルバム聴いて。
で、このアルバムを入手して後追いでジミーのスタジオ録音を初めてまとめて聴いたのでした。
なんていい歌声なんだろうと。滑らかで柔らかで艶やかで。ライヴでは解らなかった襞まで聴こえてきて。
またその歌い方にはソウルの匂いも感じられて。時に優しく包み込む様に、時に力強く歌い上げてと。
「Sitting In Limbo」とか、「Many Rivers To Cross」とか。勿論、レゲエとしても素晴らしいのですが。
ミィディアムなソウル・ナンバー、スローなソウル・ナンバーとしても実に極上、一級品なんですよね。
実はジミー、若い頃にかなりソウルに影響されていたとかで。あながち間違ってもいないかなと。
まぁ、いい歌、いい歌声ってのはジャンルなんてものは軽く超越してしまうし、囚われもしないんですよね。
燃え盛るボブも好きですが。「Sitting In Limbo」、傍らから。静かに、力強く語りかけるジミーも好きなのです。

ここから。
この場所から。
聞きながら。
考えてみる。
思ってみる。

何が。
起きているのか。
起こされているのか。
そして。それは。
そのままの姿で聞こえているのか。

起こっていること。
聞こえていること。
どんな意味を持つのか。
何を語るのか。
それは何処へと向かっているのか。

遠く。
喧騒から。
群衆から。
離れて。
辺土から。

起こってしまったこと。
起きていること。
惑わされずに。
眩まされずに。
向き合う為に。

そのままの姿を。
見ていられる様に。
聞いていられる様に。
意味を。語るものを。
向かう先を。
見誤らぬ様に。
聞き誤らぬ様に。
騙されない様に。
自分は自分で。
いられる様に。

遠く。
喧騒から。
群衆から。
離れて。
辺土から。

独りで。
目を凝らし。
耳を澄まし。
心を開き。
拳を握りしめ。
立ち上がるその時まで。
多くの河を渡るその時まで。

辺土から。



web拍手 by FC2

|

« 2013/09/01 Sun *バスに揺られて / Bob Marley & The Wailers | トップページ | 2013/09/03 Tue *和の彩 / Steely Dan »

006 Raggae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/58116835

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/09/02 Mon *辺土から / Jimmy Cliff:

« 2013/09/01 Sun *バスに揺られて / Bob Marley & The Wailers | トップページ | 2013/09/03 Tue *和の彩 / Steely Dan »