« 2013/09/02 Mon *辺土から / Jimmy Cliff | トップページ | 2013/09/04 Wed *ホラー・ストーリー / Various Artists »

2013/09/03 Tue *和の彩 / Steely Dan

20130903steelydan


この国に。
生まれ。
この国で。
育ち。
いまも。

この国に。
暮らし。
この国で。
どこまでも。
いつまでも。

どうも。
近頃は。
この国も。
風向きが。
妖しくはあるけれど。

それでも。
この国にしかない。
美しいもの。
素晴らしいもの。
大切なもの。

目にして。
耳にして。
触れて。感じて。
その度に。
心、震える。

和の彩。

『Steely Dan』'78年リリース。
スティーリー・ダンの日本独自編集のベスト・アルバム。
『Aja』(邦題、『彩(エイジャ)』)のジャケット撮影時の別テイクであろう。
山口小夜子さんの実に魅力的で妖艶な写真。和の香が漂い。和の彩を纏い。
これだけで。このジャケットだけで。手に入れた価値が十二分にあるなと思います。
さて。このアルバムの誕生の経緯が。なかなかに興味深くて。
元は英国でリリースされた4曲入りの12インチ・シングル盤があって。
そこに。未発表曲が2曲含まれていて。これは日本でも発売したいと。
でも。当時の日本では12インチ・シングルなんてのは認知度が低くて。
そのままの形式では出せないと。だったらその未発表曲にヒット曲を加えてしまえと。
それも。どうせなら1枚のアルバムに出来るくらいと。それで5曲が選ばれて全7曲に。
ジャケットも。どうせならアートにしようと。この写真を蔵から出してきて使いましたと。
権利関係が緩かった時代ならではの産物ですが。その発想、仕事ぶりは素晴らしいなと。
同じ曲、作品を届けるにも。世界中同じじゃなくて。国ごとに、相応しいやり方ってものがあるのだと。
なんでもかんでも。そのまま持ち込めばいいわけじゃない。右に倣えをすればいいわけじゃない。
その心意気と丁寧な仕事ぶりが日本ならではだなと。素晴らしいジャケットに見合うだけのものなのです。
スティーリー・ダンについて、内容に関して殆ど触れてませんね。まぁ、ベスト・アルバムですし。
未発表曲も何でこれがボツだったのって不思議なくらい。完成度が高いので。聴き応え十分です。
やたらと、その完璧主義者的な仕事ぶりばかりが語れらるスティーリー・ダンです。確かに人工的。
でもそのサウンドに、そして歌声に。ソウルにも通じる温かな息遣いを感じられて。そこに惹かれます。
まぁ、このアルバムは。ジャケットの魅力が一番。それに尽きる。それだけでいいんですけどね。

この国に。
生を受け。
この国で。
学び。思い。
いまも。

この国に。
生きている。
この国で。
どこまでも。
いつまでも。

どうも。
近頃の。
この国の。
雲行きは。
危なくはあるけれど。

それでも。
この国にしかない。
愛しいもの。
素敵なもの。
かけげのないもの。

目にして。
耳にして。
触れて。感じて。
その度に。
心、安らぐ。

和の彩。

国境も。
人種も。
言葉も。
文化も。
超えて。

繋がれたら。
解かりあえたら。
一つになれたら。
それは確かに。
素晴らしい。

でも。
それは。
なんでもかんでも。
持ち込むこととは違う。
右へ倣うこととも異なる。

和の彩。

見失いたくないのです。



web拍手 by FC2

|

« 2013/09/02 Mon *辺土から / Jimmy Cliff | トップページ | 2013/09/04 Wed *ホラー・ストーリー / Various Artists »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

こ、こ…これは知らなかった。山口小夜子さんジャケがあったなんて…。好きでした。山口さん。スティーリー・ダンは“ナイト・フライ”が特に好きです。

投稿: TAKA | 2013-09-06 03:04

『Aja』のジャケットの別カットを使って日本独自に制作。
昔はこんなことが許されてたんですよね。いい時代でした。
このアルバム。存在だけは20年程前から知っていました。
手に入れたのは1年くらい前かな。驚くほど安くて吃驚しました(笑)。
山口小夜子さん、何度かお見かけしましたが独特の雰囲気のある素敵な方でした。

投稿: TAC | 2013-09-07 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/58123711

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/09/03 Tue *和の彩 / Steely Dan:

« 2013/09/02 Mon *辺土から / Jimmy Cliff | トップページ | 2013/09/04 Wed *ホラー・ストーリー / Various Artists »