« 2013/09/30 Mon *変容の季節 / The Rolling Stones | トップページ | 2013/10/02 Wed *忍びこもう、忍びこんだら / Buddy Guy »

2013/10/01 Tue *流れのままに / Hound Dog Taylor And The House Rockers

20131001naturalboogie


流れのままに。
そのままに。
ただそのままに。
任せていれば。
自然とね。

そうそう。
この感じがね。
この空気がね。
やっぱり。
いいんだよねと。

そうそう。
こうだから。
面白いんだなと。
これでないと。
楽しめないんだなと。

流れのままに。
そのままに。
ただそのままに。
任せていれば。
自然とね。

あれこれ考えないで。
感じさえすればいい。

『Natural Boogie』'73年リリース。
ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウス・ロッカーズの2ndアルバム。
テイラーのスタジオ録音のアルバムは2枚しかなくてその1枚です。
'71年に発見されて'75年には亡くなってしまったんですよね。
'60年代に数曲の録音はあるものの。ゲットーの奥底に潜んだ存在だったと。
それを引っ張り出して世に広めたのがブルース・イグアロなる人で。
テイラーの為にアリゲーター・レーベルを設立したと。なんたる熱意かと。
そこまで一人の男を燃えさせる、心底惚れさせるものがテイラーにはあったんですね。
泥臭く荒々しく。そして歪まくって聴く者の脳天直撃、脊髄を痺れさせる。
そんなテイラーのスライドは確かに唯一無二だもんなぁ。痺れるよなと。
で、ベースレスのトリオなので。サイド・ギターがベース・ライン弾きながらテイラーに絡むし。
ドラムスはドラムスでただひたすらに煽りまくるしと。なんとも自由奔放にして一丸な3人で。
その迫力は計算して生まれるものでなく。長年ライヴで鍛えられた阿吽の呼吸だろうなと。
そう。だから。ライヴ・アルバムのがいいなんて言ってしまうと身も蓋もないのですが。
そのライヴでの迫力、熱気を可能な限りはスタジオでも再現出来てるかなとは思います。
だってね。針を落とすと。自然とね。身も心も揺れ出しますからね。それでいいと。
自然体でかき鳴らされるブギーを流れのままに感じて。身も心も任せて。感じればそれでいいのです。

流れのままに。
そのままで。
ただそのままで。
委ねていれば。
自然にね。

そうそう。
この感じがね。
この空気がね。
やっぱり。
好きなんだよねと。

そうそう。
こうくるから。
面白いんだなと。
これがあるから。
楽しるんだよなと。

流れのままに。
そのままで。
ただそのままで。
委ねていれば。
自然にね。

あれこれ探さなくても。
感じさえすればいい。

変わっていく。
動いていく。
その先は。
その行方は。
見えてはいないけど。

流れを。
感じたら。
任せてみる。
委ねてみる。
そうすれば。

何をしなくても。
考えなくても。
探さなくても。
求めてるもの。
欲してるもの。

本当に。
必要なもの。
それは。
不思議と。自然と。
感じられるもの。

だから。
流れのままに。



web拍手 by FC2

|

« 2013/09/30 Mon *変容の季節 / The Rolling Stones | トップページ | 2013/10/02 Wed *忍びこもう、忍びこんだら / Buddy Guy »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/58316888

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/10/01 Tue *流れのままに / Hound Dog Taylor And The House Rockers:

« 2013/09/30 Mon *変容の季節 / The Rolling Stones | トップページ | 2013/10/02 Wed *忍びこもう、忍びこんだら / Buddy Guy »