« 2013/10/16 Wed *ひっくり返して / The Inmates | トップページ | 2013/10/18 Fri *偶にはいいかな / The Kinks »

2013/10/17 Thu *夜の街に・・・ / Various Artists

20131017thelondonrandbsessions


夜の街に。
吠える・・・わけじゃなく。
ビルの谷間に。
吠える・・・のでもなく。
だけど血は騒ぐ。

夜の街。
その空気。
その雰囲気。
猥雑で如何わしくて。
ざわざわざわと。

少しばかり。
疲れていても。
ちょっとばかり。
気がかりがあっても。
そんな時でも。

夜の街。
その街角。
訪れるだけで、立つだけで。
なんだか。
心が軽くなる。楽しくなってくる。

今夜も。
夜の街に・・・

『The London R&B Sessions』'80年リリース。
パブ・ロックの聖地。ロンドンのホープ&アンカーで収録されたライヴ・アルバム。
'79年の11月と12月のギグから12組による16曲の御機嫌な演奏が収められていて。
ロンドンのパブでの、夜の街での熱い夜の熱気がダイレクトに伝わってきます。
そのカッコ良さ、そのノリの良さ。パブロックの神髄が味わえるアルバムなのです。
ウィルコ・ジョンソン・バンドやパイレーツみたいな有名どころから。
このアルバム以外では名前を目にしたことのない無名なバンドまで。
どのバンドも。とにかく最高に御機嫌な演奏を聴かせてくれます。楽しいんですよね。
さて。針を落とすと聴こえてくるのが・・・ルー・ルイス&パフォーマーですから。
もう。いきなりガツンとね。ブルースをぶちかましてくれるのですが。カッコいいのなんのって。
(そうそう。このアルバムのR&Bとはロック&ブルースって意味なんだとか)
ルーのハープとヴォーカル、もう堪りません。2曲だけってのが実に惜しい。もっと聴きたいぞと。
ウィルコのテンションの高さも凄いし、パイレーツは流石の貫禄だしね。
マンフレッド・マンのポール・ジョーンズが率いるザ・ブルース・バンドは激渋だし。
他にももろ'60年代のストーンズなバンドもいるし、えらく黒っぽいバンドもいるし。
ホープ&アンカー・ハウス・バンドってのはお店のハコバンなのかな。こなれてる感じだし。
有名だろうが無名だろうが。毎夜、夜の街でこんなに熱くカッコ良く御機嫌なギグが繰り広げられていたと。
流石はロンドン、流石は本場です。いやぁ、夜の街は、ロックンロールはこうでなくっちゃね!

夜の街に。
叫ぶ・・・わけじゃなく。
ビルの谷間に。
叫ぶ・・・のでもなく。
だけど血は騒ぐ。

夜の街。
その匂い。
その風の中。
混沌と胡散臭くて。
ざわざわざわと。

少しばかり。
澱んでいても。
ちょっとばかり。
油が切れていても。
どんな時でも。

夜の街。
その街角。
訪ねるだけで、歩くだけで。
なんだか。
足取りが軽くなる。面白くなってくる。

今夜も。
夜の街に・・・

ここに。
いつもの出会い。
どこかに。
新しい出会いが。
待っている。

それが。
楽しい。
それが。
面白い。
それが御機嫌で。

それを。
楽しもう。
それを。
面白がろう。
それがいい感じで。

だから。
そんな時。
こんな時。
いつも。
いつでも。

夜の街に。
繰り出そう!



web拍手 by FC2

|

« 2013/10/16 Wed *ひっくり返して / The Inmates | トップページ | 2013/10/18 Fri *偶にはいいかな / The Kinks »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/58417258

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/10/17 Thu *夜の街に・・・ / Various Artists:

« 2013/10/16 Wed *ひっくり返して / The Inmates | トップページ | 2013/10/18 Fri *偶にはいいかな / The Kinks »