« 2013/11/07 Thu *経験値 / Jimi Hendrix | トップページ | 2013/11/11 Mon *乗る覚悟 / James Carr »

2013/11/08 Fri *忘れないこと / Lew Lewis Reformer

20131108savethewail


忘れないこと。
忘れないでいること。
憶えていること。
刻み込んでおくこと。
それが大事。

何かが。
咽び泣いている。
何処かが。
疼いている。
傷跡が塞がらない。

気づかないふり。
見ないふり。
耳を塞いでやり過ごそう。
そうは思ってみても。
そうはいかないんだよな。

聞こえるんだ。
感じるんだ。
そうじゃないだろうと。
こうじゃなかっただろうと。
傷跡が語りかけてくるんだ。

『Save The Wail』'79年リリース。
パブ・ロック界随一のハーピスト、ルー・ルイス。
リフォーマーなる自らのバンドを率いての1stアルバム。
1stアルバムと言うか、たぶんまともなオリジナル・アルバムは未だにこれだけ。
何せ、その人間性、素行には些か問題があるみたいで。
塀の中と外を行ったり来たりもしてるらしいので。強盗にまで手を染めたとか・・・
だけど。ハープ吹かせてリズム&ブルースやらせたらめちゃくちゃカッコいいんだな。
人としては問題あるけど天才的。何やらリトル・ウォルターに通じる匂いがするんだな。
針を落とした瞬間に勝負ありですからね。そのカッコ良さ、半端じゃありません。
このセンス、天性のものなんだろうな。計算してできるもんじゃないもんな。
思うがまま、気が向くまま、趣くままにハープ吹いて、歌って。それだけ。
それだけなのに、それだけだからカッコいいと。サウンドの荒っぽさもいいんだよね。
危うくて、妖しくて。触れると切れそうで、崩れ落ちそうで。妙に艶やかで。
表とか、上澄みとか、きれいごととか。そっち側だけ歩いてたらこうはならないよな。
裏も、澱みも、汚いことも。そんなものも呑み込んで。こっち側を歩いてるからこそだよな。
だから。誰かの、自分の。咽び泣く声や、疼きや、痛みや、傷跡を忘れてないから。
こんなカッコいいリズム&ブルースが、ロックンロールがやれるんだよな。
J.ガイルズ・バンドのマジック・ディックこそが白人最高のハーピストかなと思ってるのですが。
そのJ.ガイルズ・バンドの「Wait」のカヴァーもいいんだよな。マジック・ディックに比肩しうるんだよなぁ。

忘れたいこと。
忘れてしまいたいこと。
だからこそ。
憶えて、刻み込んでおくこと。
それが大切。

誰かが。
咽び泣いている。
何処かで。
疼いている。
血が流れ続けている。

気づかないふり。
見ないふり。
耳を塞いでやり過ごそう。
そうは思ってるんだけど。
上手くはいかないんだよな。

聞こえちゃうんだ。
感じちゃうんだ。
そうじゃないだろうと。
こうじゃなかっただろうと。
血の匂いが語りかけてくるんだ。

あぁ。
嫌だ。
あぁ。
勘弁してくれ。
逃れた筈なのに。

咽び泣くんだ。
疼くんだ。
塞がらない傷跡が。
痛むんだ。
血が流れるんだ。

解ってる。
何かじゃない。
誰かじゃない。
何処かじゃない。
それは。そいつは。

俺の泣き声だ。
俺の疼きだ。
俺の傷跡だ。
俺の痛みだ。
俺の血だ。

しかたねぇなぁ。
忘れないこと。
覚悟を決めて。
腹くくって。
つきあっていくことにしますかね!



web拍手 by FC2

|

« 2013/11/07 Thu *経験値 / Jimi Hendrix | トップページ | 2013/11/11 Mon *乗る覚悟 / James Carr »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/58552999

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/11/08 Fri *忘れないこと / Lew Lewis Reformer:

« 2013/11/07 Thu *経験値 / Jimi Hendrix | トップページ | 2013/11/11 Mon *乗る覚悟 / James Carr »