« 2013/11/21 Thu *季節を選ばず / The Who | トップページ | 2013/11/23 Sat *男子厨房に入るべし / Canned Heat »

2013/11/22 Fri *切れる札は / J. Geils Band

20131122livefullhouse


正直。
あんまり。
調子よくないんだな。
ここのところ。
なんとなくね。

なんとなくだから。
特別に何かとか。
具体的に何かとか。
あるわけじゃないから。
支障はない。

ないんだけど。
逆に。
どんな時も。
何をしてても。
なんとなく乗りきれないし。

いつも。
もやもや。
どこかで。
もやもや。
これはこれで辛いんだな。

だから。
切れる札はね。
切ってみようと。
何かが。
変わるかもしれないし。

『"Live" Full House』'72年リリース。
J.ガイルズ・バンドの3rdアルバムにして初のライヴ・アルバム。
もう。最高に御機嫌で、最高に痺れるライヴ・アルバム。以上。
それくらいカッコ良いんですよね。本当にそれ以上でも以下でもなくて。
ブルージーでソウルフルなロックンロール、それをやるだけ。それだけ。
その意外に難しいことを、いとも簡単とばかりに涼しい顔でやってのける。
それがまたダンディでありながらも、むさ苦しい野郎どもってのがいいんですよね。
'80年代に入って。大ブレイクしますが。この頃は未だボストンのローカル・バンドで。
スタジオ・アルバムを2枚出すも商業的にはいま一つで。
切れる札は切ろうってことで。定評のあったライヴを録音して最初の勝負に出たと。
このアルバムをもってしても大ブレイクとはいかなかったんですけどね。
ロックンロールが大好きな“わかってる”奴等の間では一気に知名度が高まったのかな。
ギタリストのJ.ガイルズ曰く、頭では無く身体、それも太もものつけ根にくる音楽だそうですが。
その通り。あそこに、そして腰にくるロックンロールが堪りません。これだよな、これっとね。
その魅力を象徴するのがピーター・ウルフの“黒い”ヴォーカルですが。
そのウルフと対等に渡り合っているのがマジック・ディックのブルース・ハープで。
時に鋭く切り裂き、時にブルージーに鳴り響きと。まさに魔法の如く自在に駆け巡ります。
「Whammer Jammer」のカッコ良さなんてね。失神ものですね。白人最高峰のハーピストだよなと。
J.ガイルズ・バンドにとっての勝負手、切り札はマジック・ディックだったんじゃないかな、なんてね。

実際。
いま一つ。
調子出ないんだよね。
ここのところ。
なんとなくね。

なんとなくだから。
思い当たる何かとか。
気にかかる何かとか。
あるわけじゃないから。
始末が悪い。

悪いんだよね。
本当に。
どんな時も。
何もしてなくても。
なんとなく重たいし。

いつも。
もやもや。
どこかが。
もやもや。
これはこれで厳しんだな。

だから。
切れる札はね。
切ってしまおうと。
何かが。
動き出すかもしれないし。

重たくも。
何とか乗り切って。
迎えた週末の夜。
残ってる。
もやもやを。

何とかしたくて。
変わらないかなと。
動き出さないかなと。
切れる札は。
何があるかなと。

考えるまでもなく。
あれしかない。
これしかない。
その切れる札を。
切ってみたんだ。

御機嫌なロックンロールに。
美味い酒。気の置けない空気。
これしかない。
これしかないんだな。
切れる札は!



web拍手 by FC2

|

« 2013/11/21 Thu *季節を選ばず / The Who | トップページ | 2013/11/23 Sat *男子厨房に入るべし / Canned Heat »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

久しぶり!最高のライブレコードだよ!これ、素らし過ぎて、言葉にならない。見たかったなぁnote初来日公演もすごかったと誰もが言うし。

ところで、ポール行ってきたよ。よかったよnote

投稿: イとう | 2013-11-27 23:20

久し振りです。
初来日公演は伝説ですもんね。
先日マジック・ディックの来日公演に行ってきました。
あのブルース・ハープの音は変わることなく健在でした!
J.ガイルズ・バンドとして来日してくれないですかねぇ・・・

投稿: TAC | 2013-11-29 01:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/58650542

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/11/22 Fri *切れる札は / J. Geils Band:

« 2013/11/21 Thu *季節を選ばず / The Who | トップページ | 2013/11/23 Sat *男子厨房に入るべし / Canned Heat »