« 2013/12/05 Thu *愚者 / Iggy Pop | トップページ | 2013/12/07 Sat *だけの道楽 / The Rolling Stones »

2013/12/06 Fri *無いからこそ / Neil Young

20131206freedom


自由。
真の自由。
本当の自由。
そんなものは。
どこにも。
無いのだろう。

無いからこそ。
自由だと。
そうなんだと。
自由であること。
自由であると思えること。

自由でありたいと。
口に出すこと。
声にすること。
身をもって示すこと。
それは。
それだけは。
忘れてはならない。
止めてはならない。
貫かねばならない。
そうあらねばならない。

『Freedom』'89年リリース。
'80年代の終わりにニール・ヤングが世に問うたアルバム。
いつも。いつの時も。その時代と真摯に向き合ってきたニール。
激動の'80年代の総括として発した鋭いメッセージ。
ひたすら肥大化し、自制することも忘れ暴走し続ける世界があれば。
いつまでも抑圧されいっこうに光の見えてこない世界もある。
そんな世界に対する問いを真正面から発したのがこのアルバムでした。
怒りに溢れ、闘いに臨むニール。そんな時こそニールの真価が発揮されます。
それを象徴しているナンバーが「Rockin' In The Free World」で。
A面頭ではアコースティックで、B面ラストではエレクトリックで歌われています。
これは'79年の『Rust Never Sleeps』におけるあのナンバー。
「My My, Hey Hey (Out Of The Blue」と「Hey Hey, My My (Into The Black)」と対をなすもので。
そのことからも。ニールがある覚悟と決意を持ってこのアルバムを制作したんだなと。
ロックは死なない。錆びるくらいなら燃え尽きたいと歌っていたニールが。
今度はロックし続けるんだ、し続けるしかないんだと歌うニール。
その覚悟と決意が10年の間に燃え尽きることすらも許されないんだと。そこまで追い込まれてしまったと。
それでも俺はロックするぞ、ロックし続けるぞと。そう宣言するニール。そして問いかけるのです。
あんたはどうする?あんた達はどうする?その問いかけは。今も胸に突き刺さって抜けることはないのです。

自由。
真の自由。
本当の自由。
そんなものは。
いつでも。
無かったのだろう。

無かったからこそ。
自由だと。
そうなんだと。
自由であること。
自由であると思えること。

自由でありたいと。
口に出すこと。
声にすること。
身をもって示すこと。
それは。
それだけは。
忘れてはならない。
止めてはならない。
貫かねばならない。
そうあらねばならない。

どこにも。
無い。
いつでも。
無かった。
真の自由。
ならば。
思えるまで。
感じられるまで。
求め続ける。
転がり続ける。

無いからこそ。

闘い続けるんだ。



web拍手 by FC2

|

« 2013/12/05 Thu *愚者 / Iggy Pop | トップページ | 2013/12/07 Sat *だけの道楽 / The Rolling Stones »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/58723592

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/12/06 Fri *無いからこそ / Neil Young:

« 2013/12/05 Thu *愚者 / Iggy Pop | トップページ | 2013/12/07 Sat *だけの道楽 / The Rolling Stones »