« 2013/12/06 Fri *無いからこそ / Neil Young | トップページ | 2013/12/08 Sun *祀り上げるな / John Lennon »

2013/12/07 Sat *だけの道楽 / The Rolling Stones

20131207beggarsbanquet


いつから。
だろう。
いつの間に。
なんだろう。
こんな感じになったのは。

そんなものじゃ。
そんなはずじゃ。
無かったよな。
絶対に。
違ったよな。

好きだったのは。
憧れたのは。
刺さったのは。
共感したのは。
そんなものじゃなかったよな。

誰かだけの道楽。
誰か達だけの道楽。
金持ちだけの道楽。
聴きたいのは。
そんなものじゃなかったよな。

『Beggars Banquet』'68年リリース。
言わずと知れたローリング・ストーンズの最高傑作。
このアルバムから『Exile On Main St.』までがやっぱりね。絶頂期だなと。
勿論、他の時期も大好きなんだけど。明らかにその数年間は別物かなと。
その最初の1枚となったこのアルバム。アルバムとしての魅力、完成度。
そんなものが。それまでのアルバムとは別の次元に達してる様な気がします。
サイケデリックの時代に迷走しかかって。それはそれで意味はあったものの。
やっぱり。これじゃないな、こっちじゃないなと。それで原点回帰して更に前進してと。
そんなストーンズを支えたのがプロデューサーのジミー・ミラーだったと。
元々ドラマーだったと言うミラーが持ち込んだパーカッシブなサウンド、その強力な響き。
それがアルバム全体を牽引し引き締めてる感じが強くて。起用は大成功だったと。
ミラーの起用はトラフィックのアルバムを聴いたミックが独断で決めたらしいのですが。
キースもそれはミックの最大の功績として認めてるんだとか。まぁ、当然でしょうね。
「Sympathy For The Devil」「Street Fighting Man」、この2曲だけで。
(加えるならばこのアルバムには収録されていませんが「Jumpin' Jack Flash」も含め3曲かな)
ストーンズが今まで以上に強力になり、今までにない凄みを身につけたことが感じられるので。
もともとストーンズが内包していたものではあるでしょうが。解き放つにはミラーの手助けが必要だったと。
このアルバムに針を落とすと。いつでも、いまも高揚させられるのですが。
その際たるナンバーが「Street Fighting Man」で。イントロで鳴り響くギターを耳にするだけで興奮しますが。
But what can a poor boy do except to sing for a rock n roll band...この一節に痺れたんですよね。
そう。ロックンロールは街角の、富も名もないガキどものものだったんですよね。それが良かったんだよな。
そりゃまぁ、いつまでもそこには留まっていられないだろうし。ガキだけのものじゃなくなってもいいんだけど・・・

いつから。
だろう。
いつの間に。
なんだろう。
こんな風に感じる様になったのは。

こんなものじゃ。
こんなはずじゃ。
無かったのにな。
何処かで。
違っちゃったんだな。

好きだったのは。
惹かれたのは。
痺れたのは。
高揚したのは。
こんなものじゃなかったよな。

誰かだけの道楽。
誰か達だけの道楽。
金持ちだけの道楽。
感じたいのは。
そんなものじゃなかったよな。

世の道理は解ってる。
社会の仕組みも解ってる。
理想に過ぎるのも解ってる。
夢にすぎないのも解ってる。
青臭いのは百も承知。

今でも。
大好きで。
否、そんなものではなくて。
それどころではなくて。
大切なことは皆、教わったんだ。

でも。
だから。
囁きかける。
この違和感を。
無視できないんだ。

誰かだけの道楽。
誰か達だけの道楽。
金持ちだけの道楽。
ロックンロールは。
そんなものじゃなかったよな。

馬鹿で結構。
馬鹿騒ぎも大好きで。
馬鹿になれること。
馬鹿になれるもの。
それがあることは幸せで。

でも。
だから。
足元を見られるのは。
馬鹿にされてる様で。
気分が悪いんだ。

ロックンロールは。
そんなものじゃなかったよな・・・



web拍手 by FC2

|

« 2013/12/06 Fri *無いからこそ / Neil Young | トップページ | 2013/12/08 Sun *祀り上げるな / John Lennon »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/58734389

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/12/07 Sat *だけの道楽 / The Rolling Stones:

« 2013/12/06 Fri *無いからこそ / Neil Young | トップページ | 2013/12/08 Sun *祀り上げるな / John Lennon »