« 2013/12/18 Wed * Don't Think ! Feel. / The Rolling Stones | トップページ | 2013/12/21 Sat *ブーン、ブーン、ブーン / Dave Edmunds »

2013/12/20 Fri *楽しくなるかな / Various Artists

20131220livestiff


細かいこと。
先のこと。
解らないけど。
見えてはいないけど。
取敢えず共にと。

集って。
語り合って。
概ね決まったら。
先ずは。
始めてみますかねと。

少なくとも。
共振し。
共感する。
そんなものが。
感じられるのであれば。

共に。
前へと。
まぁ。お互いに。
腹に一物。
一筋縄ではいかないけれど。

『Live Stiffs』'78年リリース。
その名もスティッフ・ツアーに参加したスティッフ・レコード所属の面々。
ニック・ロウ、レックレス・エリック、ラリー・ウィリアムス、エルヴィス・コステロ、イアン・デューリー。
いやぁ、なんとも錚々たる面子ですよね。パブ・ロック・オールスターズってとこかな。
このジャケは廉価盤での再発時のものですが。オリジナルよりくだけた感じでまたいいかなと。
デューリーのブロックヘッズを除いてはバックのメンバーは掛け持ちもあったりして。
その和気あいあいとした乗りなんかはニック辺りが中心になって盛り上げてたのかとも。
所属は異なるもののニックの盟友だったデイヴ・エドモンズも参加していたりします。
そうは言いつつも。互いにライバル意識もあった筈で。あいつには負けないぞと出し抜いてやるぞと。
競い合って裏では火花が散ってたりもしたんでしょうけどね。ラリーなんか咆えまくってるし。
意外とねコステロがね力が入り過ぎたのか固い感じなのが。若かったんだなと。
エリックはわりとマイ・ペースかな。ニックは仕掛け人の1人だっただけに余裕が感じられるかな。
そしでデューリー。やっぱり異質で特異で。でも人懐っこくて。その世界の懐の深さ、頭一つ抜けてるかな。
大団円が全員参加してのイアンの十八番「Sex Drugs Rock & Roll & Chaos」なのも納得です。
元締めって感じで貫録十分。そしてブロックヘッズのタフなファンク・ビート。腰にくるんですよねぇ。
凄く久し振りに針を落としたんですけど。やっぱりいいな。これは御機嫌だなと。
スティッフの掲げてたある種の理想主義や共同体幻想みたいなものはあっけなく崩壊してしまいますが。
ここに捉えられている。皆で集まって新しいことを始めた。その瞬間の楽しさは永遠に褪せないんですよね。

つきあいも。
未だ短くて。
知らないことばかり。
読み切れてはいないけど。
取敢えず共にと。

酌み交わして。
語り合って。
概ね腹に落ちたら。
先ずは。
信じてみますかねと。

少なくとも。
共振し。
共感する。
そんなものが。
感じられるのであれば。

背中を。
推してと。
まぁ。お互いに。
抱えている。
ものがないではないけれど。

楽しくなるかな。
そう。
思えるのなら。
そう。
感じられるのなら。

先ずは。
初めて。
信じて。
共に歩んだり。
背中を押したり。

そんな。
ささやかな。
夢の欠片に。
賭けてみる。
それはそれで面白いかもしれないね!



web拍手 by FC2

|

« 2013/12/18 Wed * Don't Think ! Feel. / The Rolling Stones | トップページ | 2013/12/21 Sat *ブーン、ブーン、ブーン / Dave Edmunds »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/58820943

この記事へのトラックバック一覧です: 2013/12/20 Fri *楽しくなるかな / Various Artists:

« 2013/12/18 Wed * Don't Think ! Feel. / The Rolling Stones | トップページ | 2013/12/21 Sat *ブーン、ブーン、ブーン / Dave Edmunds »