« 2014/01/12 Sun *紡がれゆくもの / The Rolling Stones | トップページ | 2014/01/14 Tue *必要なのは / Ian Dury »

2014/01/13 Mon *どうにもこうにも / Dr. Feelgood

20140113madmanblues


どうにも。
こうにも。
あぁ。
そうさ。
もうね。

どうしたって。
こうしたって。
あぁ。
そうなんだ。
もうどうにもならないんだ。

考えない様にしたって。
そうもいかないし。
そうなったら。
もう止まらない。

憑りつかれて。
おかしくなって。
沈んでしまって。
どうにもこうにも。
憂鬱でたまらないんだ。

『Mad Man Blues』'85年リリース。
ドクター・フィールグッドの13枚目のアルバム。
確か前作でリー・ブリロー以外のメンバーが一新されてて。
その4代目ギタリスト、ゴードン・ラッセルを擁したメンバーでの2枚目です。
やや路線に迷いが生じていた感もあった当時のフィールグッズ、ブリロー。
それを吹っ切る為か。1曲を除いてブルース、R&Bのカヴァーで固めてきて。
針を落とした瞬間に強烈なスライド・ギターが鳴り響く「Dust My Broom」にガツンとやられます。
エルモア・ジェイムス、ジョン・リー・フッカー、フレディ・キング、B.B.キングにリトル・ウォルターと。
もともと大好きで影響も受けてるんでしょうけど。ここまで真正面切ってやるかと。
おそらくフィールグッズの総てのアルバムの中で一番ブルースの匂いが立ち込めてるアルバムです。
それ故に地味な感じもあるのですが。ブリローの渋いヴォーカルを中心にじわじわくるんですよねぇ。
なかでもブリーローの如何わしい笑い声も最高な「Mad Man Blues」とか。
思いっきりディープな「Rock Me Baby」とか。ブリローの濁声ってブルースにも合うんだなと。
その胡散臭さがですね、もう最高だなと。まぁ、企画が良かったってことでもあるのかな。
「My Babe」の性急さもなかなかのものだし。この路線でのライヴ・アルバムも聴きたかっな。
なんにしろ。ウィルコ・ジョンソンもジッピー・メイヨーもいないフィールグッズのアルバムの中では一番かなと。

どうにも。
こうにも。
あぁ。
そうだよ。
いつもね。

どうしようが。
こうしようが。
あぁ。
そうなんだよ。
もうどうしようもないんだ。

考えない様にしようって。
その瞬間に考えてるんだし。
そうなったら。
もう駄目なんだ。

憑りつかれて。
おかしくなって。
沈んでしまって。
どうにもこうにも。
憂鬱でたまらないんだ。

そう。
どうにも。
こうにも。
休みの終わる夜は。
非日常が終わる夜は。

おかしくなる。
狂ってしまう。
終わらないでくれと。
戻りたくないんだと。
叫んでいるんだ。

どうにもこうにも。

強烈なブルースが鳴り響いているんだな(苦笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2014/01/12 Sun *紡がれゆくもの / The Rolling Stones | トップページ | 2014/01/14 Tue *必要なのは / Ian Dury »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/58969811

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/01/13 Mon *どうにもこうにも / Dr. Feelgood:

« 2014/01/12 Sun *紡がれゆくもの / The Rolling Stones | トップページ | 2014/01/14 Tue *必要なのは / Ian Dury »