« 2014/01/22 *Wed 想っていたい / The Police | トップページ | 2014/01/24 Fri *贅沢な孤独 / Janis Joplin »

2014/01/23 Thu *それしかなかった / Free

20140123freeatlastukorg


なんとか。
やっと。
解放へ。
自由へ。
踏み出した。

ほっとした。
これで。
なんとか。
崩れ去らずに。
踏み止まれる。

それにしても。
ここまで。
なるとは。
こうまで。
しなくては。

でも。
それしかなかった。

『Free At Last』'72年リリース。
一旦は空中分解したフリーが再結集して。
オリジナル・メンバー4人でのラストとなったアルバム。
メンバーそれぞれの活動が思うに任せず。
更には薬物中毒が悪化していくポール・コゾフを見かねて集まって。
もう一度、あの4人ならではのマジックを再現しようと試みたと。
確かにコゾフのギターは啼いてるし、ポール・ロジャースの歌声はソウルフルで。
アンディ・フレイザーのベースはうねってるし、サイモン・カークは重量感に溢れてと。
あのフリーのマジックを構成していたそれぞれの魅力は発揮されています。
だけど。だけどね。どこか物足りない言うか、食い足りないと言うか。
結果的にこれが4人での最後のアルバムになったからそう感じるのかも知れませんが。
全編に渡ってあまりにも枯れていると言うか、もの悲しいんですよね。
同じ哀愁にしても以前のフリーだったら抒情的だったものが。諦念が勝ってしまってると言うか。
魅力的なナンバーもあるんですが艶っぽさがたらいないんですよね。
若くして、それこそ二十歳そこそこで成功を手に入れてしまったフリー。
当然その代償も払った筈で。どこかでそこから解放されたがってもいて。
故にもう元へは戻れないことを感じていたのでしょうか。そのもの悲しさもまた美しくはあるんですけどね。

それでも。
遂に。
解放を。
自由を。
手に入れた。

一先ずは。
これで。
恐らくは。
総てを失う前に。
立ち止まれる。

それにしても。
これしか。
なくなるとは。
ここまで。
しなくてはならないとは。

でも。
それしかなかった。

それしかなかった。
得るものもあった。
更に望むこともできた。
それでも。それは。
本当に欲しいものだったのか。

それしかなかった。
失うものもある。
戻れなくなる危険もある。
それでも。それを。
本当に欲しいものを確かめてみたかった。

それしかなかった。



web拍手 by FC2

|

« 2014/01/22 *Wed 想っていたい / The Police | トップページ | 2014/01/24 Fri *贅沢な孤独 / Janis Joplin »

001 British Rock」カテゴリの記事

011 Free」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/59016988

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/01/23 Thu *それしかなかった / Free:

« 2014/01/22 *Wed 想っていたい / The Police | トップページ | 2014/01/24 Fri *贅沢な孤独 / Janis Joplin »