« 2014/01/25 Sat *家にありて / The Doors | トップページ | 2014/01/27 Mon *避けられないのであれば / Iron Butterfly »

2014/01/26 Sun *夢を見た / Vanilla Fudge

20140126vanillafudge


砂糖菓子の様に。
甘く。
アイスクリームの様に。
溶けやすい。
夢を見た。

モノクロの様で。
セピアだった様で。
実にカラフルでもあった様で。
夢の中。
ただただ漂いながら。

夢なんだと。
認識しながら。
このままで。
そのままでと。
願い続ける。

覚めるものだと知りながら。

『Vanilla Fudge』'67年リリース。
驚異の4人組、ヴァニラ・ファッジの1stアルバム。
アイスクリームの銘柄からとられたと言うバンド名の如く。
夢まぼろしの様な甘い世界をハードなサウンドで構築しています。
その斬新さ、特異さ故にそのサウンドはアート・ロックと呼ばれ。
その後のハード・ロックやプログレの先駆者とされています。
ビートルズにゾンビーズにインプレッションズにシュープリームス。
誰が考えたのか。その換骨奪胎も見事な再解釈、最高性の見事さ。
しかもそれが頭脳先行にならずに肉体性が伴っているところ。
ここはやはり最強のリズム隊、ティム・ボガートとカーマイン・アピスの存在が大きいかな。
ジェフ・ベックがこのアルバムを聴いて。2人とのバンドを構想したってのは有名な話ですね。
でもって更に言えば。その圧倒的な肉体性がありながらどこか夢見てる様な。
そんな浮遊感があるももまた事実で。ここは何だろう。あの時代故なんでしょうかね。
その最たるものが「You Keep Me Hanging On」のカヴァーで。
シュープリームスの原曲も素晴らしかったけど。完全にそれを凌駕してますね。
後にアピスをバックに迎えたロッド・スチュワートのカヴァーもなかなかのものでした。
そうそう。ザ・タイガースも間違いなくこのヴァニラ・ファッジ・ヴァージョンをお手本にしてましたね。

砂糖菓子の様に。
脆く。
アイスクリームの様に。
儚い。
夢を見た。

楽しかった様で。
切なくもあった様で。
笑いながら涙を流していた様な。
夢の中。
ただただ彷徨いながら。

夢なんだと。
感知しながら。
このままで。
そのままでと。
願い続ける。

覚めるものだと知りながら。

夢を見た。
甘く。
溶けやすく。
脆く。
儚く。

夢を見た。
モノクロで。
セピアで。
カラフルで。
思いが渦巻き絡まり合い。

夢を見た。
楽しくて。
笑って。
切なくて。
涙流して。

夢を見た。

覚めるものだと知りながら。



web拍手 by FC2

|

« 2014/01/25 Sat *家にありて / The Doors | トップページ | 2014/01/27 Mon *避けられないのであれば / Iron Butterfly »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/59048522

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/01/26 Sun *夢を見た / Vanilla Fudge:

« 2014/01/25 Sat *家にありて / The Doors | トップページ | 2014/01/27 Mon *避けられないのであれば / Iron Butterfly »