« 2014/01/26 Sun *夢を見た / Vanilla Fudge | トップページ | 2014/01/28 Tue *今日という日が / It's A Beautiful Day »

2014/01/27 Mon *避けられないのであれば / Iron Butterfly

20140127inagaddadavida


どうしても。
どうしたって。
どうあがこうと。
避けられないのであれば。
せめて。

来てしまうのならば。
迎えなければならないのならば。
決まり事であるならば。
乗り切らねばならないのであれば。
せめて。

気休めでもいい。
気のせいでも構わない。
勘違いでもいい。
なんてことは無いと思える様に。
せめて。

効果のある呪文でも無いものか。

『In-A-Gadda-Da-Vida』'68年リリース。
ハード・ロックの始祖とも言われるアイアン・バタフライ。
サンディエゴ出身の4人組による2ndアルバムにして代表作。
ジャケットから解る様に。サイケデリック・ロックを象徴するバンドで。
歪んだギターとオルガンが絡み繰り広げるサウンドが特徴的です。
重くのしかかる様でもあり、煌めきながら浮遊させる様でもあり。
今ではすっかり忘れ去られてしまった感のあるアイアン・バタフライですが。
当時の人気は絶大で。と言うかこのアルバムのセールスは凄まじくて。
'60年代のアトランティック傘下のアルバムでは唯一の100万枚超を売上。
ビルボードの年間チャートには3年間居座って。
何でも累計では3,000万枚超の売り上げを成し遂げているんだとか。
実は知る人ぞ知るモンスター・アルバムだったりするんですよね。
当時は日本でも結構ラジオから流れててそれなりに人気があったらしいのですが。
何と言っても米国での人気が凄まじく。その要因がタイトル曲でもある「In-A-Gadda-Da-Vida」で。
その演奏時間、B面丸々使って17分超ですからね。これが受けまくったと。
何でもエデンの園をロックで再現しようと試みたとかで。そのアドリブ、インプロの連続が快感で。
これはですね。普通に聴いてても気持ちいいんですけど。“決めてたら”さぞかしとね・・・
「In-A-Gadda-Da-Vida」ってのも呪文みたいでいい響きですしね。効きそうじゃないですか。
尤も。実は眠れない夜に聴くとその長さが睡眠導入剤代わりになったって説もありますが・・・

どうせさ。
どうしたところで。
あがいても無駄で。
避けられないのであれば。
せめて。

来ちゃうんだからさ。
迎えなきゃいけないんだからさ。
決まりを変えられないのであれば。
何が何でも乗り切るために。
せめて。

気休めでもいい。
気のせいでも構わない。
勘違いでもいい。
どうっておとは無いと思える様に。
せめて。

効果のある呪文でも無いものか。

この朝が。
この一日が。
来るならば。
迎えなかやならないならば。
せめて。

毎週。
決まって。
月曜の朝が。
月曜日がくるならば。
せめて。

その事実が。
避けられないのであれば。

一日でいい。
気休めになる。
騙してくれる。
勘違いさせてくれる。
せめて。

そんな呪文を教えてくれないか!



web拍手 by FC2

|

« 2014/01/26 Sun *夢を見た / Vanilla Fudge | トップページ | 2014/01/28 Tue *今日という日が / It's A Beautiful Day »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/59048870

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/01/27 Mon *避けられないのであれば / Iron Butterfly:

« 2014/01/26 Sun *夢を見た / Vanilla Fudge | トップページ | 2014/01/28 Tue *今日という日が / It's A Beautiful Day »