« 2014/03/15 Sat *歴史は・・・ / Marianne Faithfull | トップページ | 2014/03/17 Mon *ことの始まりは / Taste »

2014/03/16 Sun *その中に / Thunderclap Newman

20140316hollywooddream


陽光。
明るく。
降り注ぐ。
その中に。
何かがある。

言葉に。
ならない。
言葉など。
いらない。
何かに誘われて。

心、誘われるままに。
心、趣くままに。
陽光の中に。
その中に。
誘われるままに。

『Hollywood Dream』'70年リリース。
英国の三人組、サンダークラップ・ニューマンの唯一のアルバム。
ピート・タウンゼンドと親交があったスピィディー・キーン。
ザ・フーの「Armenia City in The Sky」の作者でもあるキーンを中心に結成されました。
一説には全英1位の大ヒットとなった「Something In The Air」だけの為のユニットだったとも。
それが思わぬ(?)成功を受けて急遽アルバムまで制作することになって。
ピートがプロデュースを担当し、ベースも弾いてると言う。そんな背景のあるアルバムです。
キーンの個性なのか。何とも言えない浮遊感、幸福感、そして切なさに満ちたサウンド。
キラキラと輝いているのですが。決して極彩色では無く。セピア色の空気が支配していて。
その中を。甘く切ない何ものかが舞い踊って、空へと浮かんでいく。そんな映像が浮かびます。
古い映画のサウンドトラックの様でもあり。アルバム・タイトルがそんな雰囲気を象徴しているのかな。
それは憧憬なのか妄想なのか。分からないけれど。誰もが心の中に抱いている何ものか。
それが突然、目の前に表れて。手が届きそうで届かなくて。やがて空気の中に消えていってしまう・・・
幸せは脆くて儚くて。でも。だからこそその一瞬の煌き、ときめきは美しいのだと。
そんなことを感じさせられる、思わされるサウンド、アルバムなのです。
白眉なのは畢生の名曲「Something In The Air」で。もうねぇ、思わず抱きしめたくなってしまいます。
結成の経緯もあってか。アルバムがリリースされた頃には既に解散状態だったとも言われますが。
多くのカヴァーを生み。数多くの映画で使用されている「Something In The Air」を。
このキラキラと輝く名曲を生み出した。それだけで十分歴史に名を刻む価値はあると思うのです。

風。
柔らかに。
吹き抜ける。
その中に。
何かがある。

言葉が。
見つからない。
言葉など。
探せない。
何かに誘われて。

心、誘われるままに。
心、趣くままに。
風の中に。
その中に。

何を見たのか。
何を聞いたのか。
何を感じたか。
何に震えたのか。
空を見上げて。

何を見たいのか。
何を聞きたいのか。
何を感じたいのか。
何に震えたいのか。
手を伸ばして。

その中に。

空気の中に。
キラキラと輝く。
それは憧憬か。
それとも妄想か。
でも何かが確かに。

その中に。

脆くて。
儚くて。
切なくて。
でも。
愛しくて。

そんな何かが輝いて、消えていく・・・



web拍手 by FC2

|

« 2014/03/15 Sat *歴史は・・・ / Marianne Faithfull | トップページ | 2014/03/17 Mon *ことの始まりは / Taste »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/59315643

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/03/16 Sun *その中に / Thunderclap Newman:

« 2014/03/15 Sat *歴史は・・・ / Marianne Faithfull | トップページ | 2014/03/17 Mon *ことの始まりは / Taste »