« 2014/03/17 Mon *ことの始まりは / Taste | トップページ | 2014/03/19 Wed *秘めた思いのバラード / Sheena & The Rokkets »

2014/03/18 Tue *よすが / Cream

20140318livecreamukorg


たった。
一つの。
小さな。
約束。
それが今は。

たった。
僅かの。
短い。
やりとり。
それが今の。

よすが。
そんな朝もある。
そんな一日もある。
約束された。
時間。

ひと時でも。
短くても。
それが今の。
最上の時間になる。
それだけは感じられる。

『Live Cream』'70年リリース。
解散後、間をおかずに編集されたクリームのライヴ・アルバム。
人気絶頂での解散だったので。レコード会社も慌てたんでしょうね。
儲けられるうちに儲けとかないとならないと。説得もしたんでしょうが。
メンバー3人の関係は最悪の状態だったと思われ。そうもいかず。
定評のあったライヴ音源をプロデューサーのフェリックス・パパラルディが急遽まとめたと。
急造だったんだろうなってのが。その編集にも表れてて。
緊張感漲る3人、エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカー。
そのぶつかり合い。それが生み出す化学反応。予想不可能の即興演奏の醍醐味。
「N.S.U.」とか「Rollin' And Tumblin'」でその凄さはいやってほど感じられるんですけどね。
険悪な関係さえも。この最高の演奏を生み出す為には必要だったのではと思わされる程にね。
ただいかんせん。曲数が少ないのと(アナログ盤の限界でしょうけど)、ヒット曲が入って無くて。
まぁ、ライヴでの即興演奏の凄さを聴かせる。その一点に目玉を絞ったとも言えるのかな。
後、一曲だけスタジオ録音のナンバーが入っていて。
「Lawdy Mama」なるこのナンバー。パパラルディがクリームと組む決断をしたきっかけのナンバーで。
「Strange Brew」に改作されることになる初期のナンバーなんですよね。何でここに入れたのか。
昔からこの選曲は評判が悪くて。自分も疑問に感じてたんですけどね。
パパラルディ、わざとやったのかなって。ついに見つけた最高(クリームにその意あり)のもの。
そのきっかけを、よすがだったものを。わざとこのアルバムに刻み込んだのかな・・・なんてね。
それにしても。本当にクリームってのはとてつもないバンドだったんだなと。改めて感じます。

たった。
一つの。
いつもの。
約束。
それが今は。

たった。
僅かの。
変わらない。
やりとり。
それが今の。

よすが。
そんな夜もある。
そんな一日もある。
約束された。
時間。

ひと時でも。
短くても。
それが今の。
最高の時間となる。
それだけは感じられる。

小さくても。
僅かでも。
今は。
それが。
よすが。

いつもと。
変わらなくても。
変えられなくても。
それが。
よすが。

ただ。
その。
最上の。
最高の。
ひと時を。

楽しみたい。
愛おしみたい。
今は。
それだけ。
それだけでいい。



web拍手 by FC2

|

« 2014/03/17 Mon *ことの始まりは / Taste | トップページ | 2014/03/19 Wed *秘めた思いのバラード / Sheena & The Rokkets »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/59317926

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/03/18 Tue *よすが / Cream:

« 2014/03/17 Mon *ことの始まりは / Taste | トップページ | 2014/03/19 Wed *秘めた思いのバラード / Sheena & The Rokkets »