« 2014/03/29 Sat *僕の胸で / Betty Harris | トップページ | 2014/03/31 Mon *それでも春はやってくる / Shuggie Otis »

2014/03/30 Sun *雨の物語 / Irma Thomas

20140330timeisonmysideirma


雨だ。
雨が降っている。
だんだんと。
強く。
激しく。

木々が。
緑が。
一段と。
その色を濃くし。
生命を漲らせ。

山々の。
稜線は霞み。
霧が漂い。
視界を。
遮っていく。

雨だ。
雨が降っている。
だんだんと。
強く。
激しく。

『Time Is On My Side』'83年リリース。
ニューオーリンズの歌姫、クイーンであるアーマ・トーマス。
アラン・トゥーサンと組んでヒット曲を連発した'60年代。
そのミニット、インペリアル時代の音源を集めた英国編集のアルバム。
ストーンズがカヴァーしたナンバーのオリジナルの音源を集め出した頃に。
レコード屋さんにオーダーして輸入してもらって入手したんですよね。
勿論、その時の目当ては「Time Is On My Side」だったんですけどね。
アーマのソウルフルなんだけど。可憐で可愛らしい歌声に魅了されて。
結構ヘヴィー・ローテーションで針を落としていた記憶があります。
アランのちょっと人を食った様なユニークで楽しい曲との相性も良くて。
そうか。こんなノベルティな感じのソウルもあるんだと。新たな発見だったかな。
日本では「Time Is On My Side」でしか知られてないんでしょうけど。
ストーンズがお手本にしたくらいですから。素晴らしいのは間違いないんですけど。
他にもオーティス・レディングが「Pain In My Heart」と改題した「Ruler Of My Heart」とか。
「Wish Someone Would Care」とか「Breakaway」とか、素晴らしい曲が多くて。
「It's Rainin'」なんてのも実に可憐でいて切なくて。雨の日には思わず聴きたくなるのです。
アーマと雨と言えば。20年程前、来日したアーマのサイン会がレコード屋さんで開かれて。
平日の昼間に会社を抜け出して駆けつけて。サイン貰って握手もして。
会社に戻る途中に雨に降られて。結構濡れて帰ったら。何を勘違いしたか。
同じフロアの役員さん外回りも大変だよなとYシャツを差し出されて・・・すいません、サボってました(笑)。

雨だ。
雨が降っている。
いつまでも。
しとしとと。
止むことなく。

建物が。
街が。
一段と。
その色を濃くし。
重く圧し掛かる。

雨音が。
街を覆い。
窓を通して。
どこまでも。
耳に残る。

雨だ。
雨が降っている。
いつまでも。
しとしとと。
止むことなく。

こんな。
雨は。
雨の日は。
どうしても。
思いに沈む。

胸の内。
過ぎる。
漂う。
抱えてる。
思いに耳を傾ける。

雨の。
雨の日の。
物語。
囁きかける。
語られる。

色濃く。
残り。
霧の様に。
朧に。
漂い続ける。

雨の物語。



web拍手 by FC2

|

« 2014/03/29 Sat *僕の胸で / Betty Harris | トップページ | 2014/03/31 Mon *それでも春はやってくる / Shuggie Otis »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/59393548

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/03/30 Sun *雨の物語 / Irma Thomas:

« 2014/03/29 Sat *僕の胸で / Betty Harris | トップページ | 2014/03/31 Mon *それでも春はやってくる / Shuggie Otis »