« 2014/05/06 Tue *熱く秘めて / Gladys Knight & Pips | トップページ | 2014/05/08 Thu *表裏一体 / Rory Gallagher »

2014/05/07 Wed *焦らずに、時間がかかっても / Eric Clapton

20140507clapton


いま。
この。
状態で。
どうなる。
ものでもない。

それは。
百も承知。
それでも。
抑えきれずに。
今夜もこうして。

頭では。
解かってる。
心でも。
分かっている。
それでも、尚。

強く。
激しい。
この思い。
目を背けたら。
嘘になる。

こんがらがって。
熱くなって。
冷静になって。
ふっと。
苦笑いが毀れる。

『Clapton』'73年リリース。
盟友達の死、理想とする音への遠い道程。そして・・・
様々な苦悩の末に。隠遁生活を送っていたエリック・クラプトン。
業を煮やしたレコード会社が勝手に編集してしまったアルバム。
何でもその前年には2枚組の編集アルバムが2種類世に出ていたそうで。
それほど。世間はクラプトンを待っていたのに。本人は紫煙の中で朦朧と。
当時の契約がどうなってたかは知りませんが。まあ、レコード会社からしたらねぇ。
しかし流石にネタ切れだったのか。『Layla』と1stソロの2枚のアルバムからの選曲で。
しかもヒット曲は既に出し尽くしていたのか。実に渋い・・・地味な選曲となっています。
なんか担当者の苦悩が忍ばれて。思わず同情したくなっちゃうかな。
で、地味なんですけどね。結構それなりにツボを抑えてはいて。それなりに物語があると言うか。
当時のクラプトンの心情に沿った、慮った。そして穏やかなナンバーが収められてるかなと。
「Have You Ever Loved A Woman」とか「Nobody Knows You When You're Down And Out」とか。
「Tell The Truth」とか「Bad Boy」とかね。深読みするとそれなりにね。見えてくるかなと。
その見えてくるあまりに人間臭い弱さがね。この頃のクラプトンの魅力だったんだろうな。
で、アルバムのラストを名曲「Bell Bottom Blues」で締めくくると。ちょっと出来過ぎかな。
それにしても。こんなに地味なのに全米TOP100の中位くらいまではいったんだそうで。流石だな。
ところで。関係ないんですけど。人は自分ではどうしようも無い混沌の中にあると髭でも伸ばしたくなるのかな・・・

いま。
この。
状況を。
どうできる。
はずもない。

それは。
元より承知。
それでも。
我慢できずに。
今夜もここに。

頭も。
混乱してるかな。
心も。
乱れてるかな。
それだから、尚。

熱く。
愛おしい。
この思い。
握りつぶしたら。
駄目になる。

こんがらがって。
熱くなり過ぎて。
勢いに任せて。
ふっと。
本音が漏れる。

漏らしたところで。
どうにもならない。
どうしようもならない。
そんな場所にいる。
たぶんそれが宿命。

解かり過ぎる程。
解かってる。
これ以上ないくらい。
分かってる。
それでも、尚。

目を背けたら。
握りつぶしたら。
抑えつけてしまったら。
混乱して。
こんがらがって。いま以上。

誰も知らない。
知られなくていい。
本当の思いなど。
悪いとは思わないが。
語る気もない。

ただ。いまは。
焦らずに。
時間がかかっても。
どこかに。
あるはずの。
出口を。その道程を。

焦らずに。時間がかかっても。
思い、探すだけ。それだけ・・・かな。



web拍手 by FC2

|

« 2014/05/06 Tue *熱く秘めて / Gladys Knight & Pips | トップページ | 2014/05/08 Thu *表裏一体 / Rory Gallagher »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/59615318

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/05/07 Wed *焦らずに、時間がかかっても / Eric Clapton:

« 2014/05/06 Tue *熱く秘めて / Gladys Knight & Pips | トップページ | 2014/05/08 Thu *表裏一体 / Rory Gallagher »